風にふかれて(K)

山野草と野鳥のブログ

ヒマラヤトレッキング(2)

RIMG0078.jpg
歩きはじめて30分 働くロバさん達が吊り橋を渡って行きます。



RIMG0083.jpg
この地方は石積みの文化で ヒマラヤ街道も集落の間を石の階段が続き車の走る道は無く 乗り物は一切ありません
住宅も石で積み上げています。


RIMG0081.jpg
振り返るとどこまでも続く段々畑 稲作が多いようです
小さな田んぼですが 千枚田なんてもんじゃない・・・


RIMG0107.jpg
登山道(生活道)には各部族の村が点在し登山道に面している家はロッジや休憩場所を営んでいる



RIMG0111.jpg
山道にはシャクナゲの原生林の大木があり 春先には山全体シャクナゲ色に染まり とてもきれいだそうです
ヒマラヤは 雨季のど真ん中シトシト雨が降り続いています。
悩まされたのはヒルの襲撃です ヒル除けを散布しているのですが 音もなく這い上がり 気づかないうちに
血を吸われ離れてくれません 吸われる血は少ないようですが 気持ちが悪く 草むらに入ると大変なことになります。


P7230490.jpg
ツリフネソウの種類が多く 8種類に会いました 1,000m~2,500mmの高度に多く見ることが出来ました。

P7230493.jpg
P7230511.jpg
P7250586.jpg
P7250587.jpg
P7250637.jpg
P7260696.jpg
P7311225.jpg



P7220409.jpg
不明


P7230465.jpg
ガガイモ科 ケロべギア プベスケンス



P7230437.jpg
クロロフィトゥム ネパレンス



RIMG0109.jpg
水牛 
村が近いと家畜が登山道を我が物顔で道を闊歩しています 私も慣れて来たので
その中を平気な顔で通ることが出来るようになりました。



RIMG0124.jpg
一旦谷底に急降下して登り返したところに今日宿 ナンゲタンティ(2,500m)があります。
  1. 2017/08/12(土) 22:03:32|
  2. 山と花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ヒマラヤトレッキング(1)

数年前からヒマラヤに咲く幻のブルーポピーを自生地で会いたいと思い
ツアー会社を探していました そんなとき ヒマラヤトレッキング:登山専門 サパナの浅原さんと
知り合い何時か行ける日が来たら浅原さんのツアーに参加しようと思っていました。
それから2年が立ち機会がやって来ました・・・  7月20日~8月3日の15日間 仕事の都合をつけ
関空で浅原さんと待ち合わせです ツアー参加者は私を含めて5名でしたが
来たのは浅原さん一人 他の方は急用が出来 キャンセルになったそうでした
ツアー参加者私一人になり それでも開催して頂ける事になり ありがたや~ありがたや~
タイ航空機でバンコクに飛び バンコクで一泊 夜は市内散策と食事 果物をいっぱい買っていただき
翌朝カトマンズに向け飛び立ちました。

RIMG0011.jpg
バンコクの出発ロビー
何もわからない私は浅原さんの手配に任せっきりでバンコクを離れました。



RIMG0013.jpg
カトマンズ到着30分前に気象条件が良ければヒマラヤが見えるので期待していましたが残念でした。


IMG_20170721_140301.jpg
無事カトマンズ到着です カトマンズは想像していた以上に暑い都市でした。



P1270753.jpg
空港を出るとサパナのスタッフがレイを掛けて歓迎してくれました。



RIMG0020.jpg
ホテルで宿泊して 翌日の朝荷物を満載した車が迎えに来てくれ15日間過ごすポーターの方3名と浅原さん運転手と
私の6名が乗り込み登山口のヒレに向けて出発です(5人乗りの四輪駆動車に6人乗り込み)



RIMG0025.jpg
カトマンズ市内はホコリが酷くマスク姿が目立ちます。



RIMG0029.jpg
ヒマラヤ ハイウエイの食事処で休憩・・・
人も車も自由に横断して 慣れないと 道路を渡ることが出来ない始末です
それでもダァ~れも怒ったり怒鳴ったりしないのです 追い越しも 追い抜きも好き勝手にやっています
エアコンがなく暑いのが大変でした ホコリの中 窓を全開で一日揺られていきました。



RIMG0050.jpg
やっとチェックポストがあるビレタンティに着き 後少しでヒレに到着です。



RIMG0052.jpg
ここで入山チェックを受けて パスポートのような物にスタンプを押してももらい
更に酷いガタガタ道を進みます。



RIMG0054.jpg
チェックポイントの前で車を降り背伸びをして気分転換・・・



RIMG0057.jpg
川を渡るとヒレはすぐそこです。



RIMG0069.jpg
ヒレ村到着です 写真は今晩宿泊のロッジです 一部屋にベッド二組と日本の山小屋とは大分違います。
翌朝ポーターがベッドに紅茶を運んで来てくれ飲み終わる頃 洗面器にお湯が来て 断わると困った顔になるので
大人しく使わせていただきました シェフの作って食事をいただき出発準備に取り掛かります。



RIMG0073.jpg
緯度が低く高度も低いため普通にバナナが育っています。



RIMG0071.jpg
ヒマラヤ街道は真ん中をロバが荷物を運び 人間はその間を縫って歩きます。 
ここからポーター二人増え(女性)ポーター五人とガイドの浅原さんと私の総勢7名のパーテーになりました
何と贅沢な山旅なんだろう・・・
先頭を歩くのが若手のポーター ティージ君です。

いよいよヒマラヤトレッキングのはじまりです。
  1. 2017/08/10(木) 23:40:59|
  2. 山と花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

鳥撮りのハシゴ

2017年7月10日
久しぶりに鳥撮りに 
NKさんに早朝5時に迎えに来ていただき池尻池へ出かけます。
DSC_6802.jpg
カメラをセットして待てど暮らせどカワセミは現れず 場所替えして何時もの河口へ向かいます。


DSC_6818.jpg
DSC_6822.jpg
河口には何時もの馴染みの顔が勢揃い早速アオサギの食事・・・オイカワをゲット



DSC_6902.jpg
突然キジが草むらから現れ対岸へと川を渡って行きました。


DSC_6935 (2)
DSC_6942 (2)
次に現れたのがササゴイ オイカワのメスをゲット



DSC_7046 (2)
河口を後に 向かったのは神社の境内 大きなケヤキの枝にアオバズクがほとんど身動きをしない
カメラのファインダーを覗くのに首が痛く長居は禁物・・・
  1. 2017/07/13(木) 21:02:58|
  2. 山野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

梅雨の晴れ間の花探し

2017年6月20
P6200294.jpg
KNさんの愛犬バロンです 今日はバロンのアップからスタートです。
昨年も来た山ですが今年もKNさんのリサーチで秘密の花園を探しに出かけます。


P6200263.jpg
アオチドリ
はじめに出会ったのがこの花です千鳥に似ているのかな~


P6200291.jpg
アツモリソウ
今日の目的にひとつです 以前には普通に見られたのですが今は厳重の囲いの中に保護されています。


P6200332.jpg

P6200334.jpg

P6200308.jpg
今年は開花が遅く蕾も残っていました。



P6200325.jpg
ノビネチドリ
この花もオリの中でした。


P6200281.jpg
カモメラン(白花)
数少ない白花です。


P6200341.jpg
カモメラン
この山の山頂手前はカモメランが群生しています。



P6200370.jpg
ベニサラサドウダン
山頂ではベニサラサドウダンが迎えてくれます 大きな富士山も・・・



P6200369.jpg
キバナノアツモリソウ
少し下がった所に人だかりが・・・皆さんこの花を写していたのです 昨年は見落としたのかな???


梅雨の晴れ間にKNさん・バロン・私の3人の山旅でした。
  1. 2017/07/13(木) 16:57:15|
  2. 山と花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アンディ~安らかに

card01.jpg

アンディが逝ってから もうすぐ3週間がたちます
3月18日深夜0時44分家族みんなに見とられ静かに息をひきとりました
前日の夜の食事が進まないのでカミさんが手から食べさせ何とか完食したのですが
17日の朝は全く食べられず 喉がゼイゼイしていました しばらくして粘度の多い
タンを吐き日中は落ち着いていました PCを見る私の足元で大人しくしていたのですが
夜になり食欲もなく 少し荒い息づかいでしたが眠っていました
娘たちも心配して駆けつけて来ましたが 12時を過ぎそろそろ寝ようかとアンディの顔を覗いた時
生きずかいが楽になったように感じたのですが その時が最後になりました
静かに息をしてス~ッと・・・安らかな寝顔のまま 息を引くように逝ってしまいました。

保護犬で推定3歳で我が家に来てくれ それからズ~ッと一緒に過ごし
沢山の思い出を残してくれたアンディ ありがとう~

いただいた沢山の花に囲まれてアンディは旅立ちました
可愛がっていただいた皆さん ありがとうございました。
  1. 2017/03/31(金) 09:05:09|
  2. 山と花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

アンディ 14歳になりました

我がアンディは 昨年の夏を頑張って乗り越え 14歳の誕生日を迎えることが出来ました(2月25日)
夏の暑さに食欲は衰えて困り果て カミさんの手を変え品変えの奮闘で何とかヤリクリして来ましたが  
秋風と共に元気を取り戻し 以前のアンディとは思えない程の食欲が出始め一安心・・・
しかし足越が衰え散歩に出ることは出来なくなりました
写真のようにカーテン越に外を眺めるのが楽しみのようですが 長くは立っていられず
ドデンと倒れてしまうので カミさんと私が交代付き添っていなければならなくなりました
夜も交代で添え寝をして 下の世話やらアレコレがアンディ中心の日課になっています
特に毎日の大量の洗濯物は大変です。
RIMG0002.jpg

頑張ってはいるものの後ろ脚に力が入らずこんな感じで座ってしまい
自分で起き上がる事が出来ずに そのまま倒れ込むか あるいは助けを求めてきます。
RIMG0008.jpg

後ろのガラスも危ないのでアクリル板を張り付けています。
RIMG0003.jpg


RIMG0009.jpg

倒れて横になりフテ寝しています。
倒れるのが布団の上なら良いのですが 場所を選ばないのが困りものです。
RIMG0007.jpg

今は相変わらずの食欲ですが 全く太れずお尻の筋肉は落ち骨と皮状態ですが
マダマダ頑張っているアンディです。

最近の私は暇を見付けこんな写真を撮り始めました。

メジロ
DSC_7453 (2)

ミコアイサ♂
DSC_7617 (2)

ヤツガシラ
DSC_8433 (3)

タゲリ
DSC_5101 (3)

コミミズク
DSC_5730 (2)
  1. 2017/03/05(日) 14:49:04|
  2. 山と花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

大渋滞を抜けて(その2)

登山2日目
3時起床 外に出て満天の星空を眺め 食事前に新山山頂に登る準備
ヘッドライトをつけ岩山を登り日の出を待つ 娘が携帯で日の出のパナラマ写真を写す
日の出手前の山は七高山 ここで日の出を迎えた人が多かったようでした
新山山頂には私と娘が一番乗り その後5名が山頂で日の出を楽しみました。
IMG_6641.jpg

日の出 予備のカメラP900で写す。
DSCN8006.jpg

左秋田上日本海の海岸線 象潟方面を望む
IMG_6635.jpg

日の出の反対側 日本海に浮かぶ影鳥海
DSCN8023.jpg

新山を下りる途中 可愛いオコジョオに遭遇
IMG_6650.jpg

千蛇谷雪渓を横切り七五三掛(シメカケ)へ向かう
IMG_6654.jpg

このコース唯一のハシゴを登る
IMG_6659.jpg

IMG_6664.jpg

タフな娘もハシゴは苦手らしい。
DSCN8034.jpg

御田ヶ原分岐を左に折れ鳥海湖の南に回り込むと こんな景色ほとんど人に会わない静かな山歩きが楽しめます。
5月には春スキーで上の御浜小屋から鳥海湖の底まで滑り込むことが出来ます。
IMG_6668.jpg

さらに進むと千畳ヶ原 
IMG_6676.jpg

今日最後の登り 幸治朗沢を詰めれば ボタ池までなだらかな下りになり程なく 昨日通過した
河原宿小屋です 更に1時間程下ると登山口です。
IMG_6697.jpg

登山口到着は1時  
鳥海荘(温泉)で汗を流し 酒田でウニイクラどんを食し お目当てのイワガキいただき
帰りの車へ 予定では鶴岡のクラゲ水族館によるつもりでしたが時間切れ 次の機会となりました。
IMG_6707 (2)

日本海側から新潟経由 関越自動車道で深夜1時無事帰宅
  1. 2016/08/19(金) 11:33:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

大渋滞を抜けて(その1)

2016年8月11日~13日

此のところ腰からくる神経痛らしい症状が出て 好きな山に登れずにいたのですが
長女の同伴で山旅が出来る事になり 久しぶりに鳥海山に出かける運びになりました
私一人なら平日出かけられるのですが 娘の休みに合わせ8月11日(山の日)に決まりました。
当日AM10時に出発しましたが東北自動車道が大渋滞 休憩をとるにもSAが満杯状態で駐車できなく
那須高原SAまで来てやっと休憩・・・
その後相変わらず断続的な渋滞が村田ジャンクションまで続き山形自動車道に入りやっと渋滞から逃れ
酒田に着いたのがPM7時30分予約していた宿に電話して夕食の確認を済ませ
一路宿のある象潟に向かいました 宿到着が8時30分 気になっていた夕食は
品数豊富でご機嫌・・・  山を下りてから食べる予定の岩ガキも食べる事が出来ました。

泊まった宿は さんねむ温泉で夕日がきれいな宿ですが到着が遅く夕日を見られませんでしたが
予定より遅れて着いたのにも関わらず 親切に迎えて頂き感謝しています。
IMG_6546.jpg
IMG_0069.jpg


山登り1日目
私のお気に入りコースの湯ノ台口から登ります。
夏に鳥海山は4度目 12年ぶりになります 登山届を出し歩きはじめて20分ほどで
滝ノ小屋 小屋の前にオヤマノリンドウが咲 秋の花々に変わろうとしています
ここが森林限界で 東北の山はこの辺から高山の雰囲気になります
オヤマノリンドウを撮っているときにカメラに異変が どうやら絞りがうまく作動していないようです。

キツイ八丁坂をを1時間程登ると河原宿小屋 冷たくて美味しい水が流れています
一休みして大雪道に向かいます。 
P8126805.jpg


ヒナコザクラ
かろうじて2株ほど咲いていました
P8126810.jpg

ミヤマリンドウ
P8126826.jpg

アオノツガザクラ
P8126809.jpg

アザミ坂手前で休憩 登って来たコースを振り返る
黄色く見えるのはニッコウキスゲ
IMG_6569.jpg
手前の雪渓でテレマークスキーを楽しんでいる人たちに出会いました 
私も5月には滑りに来るのですが この時期 私には山の花が魅力です。
P8126832.jpg

通過して来た河原宿小屋が遥か下に見えています 現在は使っていないようです。
DSCN7906.jpg

アザミ坂を登りきると この上は外輪山の伏拝岳
IMG_6588.jpg

新山と今日泊まる山小屋(中央)が見えます。
下の雪渓は千蛇谷雪渓 雪の量が少な目 明日はこの雪渓沿いを下ります。
IMG_6592.jpg

外輪山はイワギキヨウが多く見られます。
DSCN7910.jpg

イワブクロ すでに咲き終わりが多く綺麗な花は少なっています。
DSCN7937.jpg

頂上小屋分岐で私は休憩 体力の余っている娘は七高山へ・・・
頂上小屋到着 早速生ビール うまい~ しかし値段高すぎ でも金に換えられない美味さ
IMG_6607.jpg

日本海に沈む夕日 中央は飛島
今夜はペルセウス流星群が見られそう 娘は10時に起きだして見に行きました
月が明るすぎ数個しか見られなかったようです 私は3時に起き外に出ると満天の星空
流星も5個ほど見ました衛星も西の空から東の空に見えました 冬の星座オリオン座が登って来るところでした。
DSCN7954.jpg
  1. 2016/08/16(火) 22:23:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

アンディ:モッコウバラが咲いたよ~

2016年4月23日
我が家のモッコウバラが満開を迎えました
アンディを連れ出し撮影に協力をしてもらいましたが
今年のアンディは非協力的でナカナカ良いポーズを決めてくれません。
DSCN7101.jpg

久しぶりに見せてくれたドヤ顔です。
DSCN7019.jpg

それと今日は姪たちが集まり我が家 主催の春の園遊会です
久しぶりにアンディも近くの六堂山公園にみんなとお出かけです
広い原っぱにッベンチが2ツですが気持ちの良い所で アンディは大喜びです。
DSCN7044.jpg

総勢9人が集まりランチを楽しんでいますが 写真は載せません・・・
DSCN7029.jpg

アンディの目線の先には人懐っこい野良猫がいます 猫大好きなアンディは
飽きる事なく見続け猫ちゃんの根気負けでした。
DSCN7068.jpg

DSCN7079.jpg

フェンスの中に花大根(ショカッサイ)が綺麗でした。
DSCN7088.jpg

さて食べて、飲んで、帰りましょう アンディはお昼寝が待ってます。
  1. 2016/04/26(火) 09:03:11|
  2. 山と花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

クマガイソウ

2016年4月19日
クマガイソウの群落に会いに栃木に出かけて来ました
何時もの年より10日ほど早かったけど 花は見ごろを迎えていました。
P4202860.jpg

思えば7~8年前に この花を探しに来て見つからず 空振りで帰ろうとしていたとき
近くで畑仕事をしていたお爺さんに声を掛けてみたのがキッカケで この群落を知り
何年も通って来ています。
ある人の屋敷に続く杉の林の中の開けた所一面の群落にビックリでした。
P4202882.jpg

P4202894.jpg

P4205360.jpg

何時も来ているのは5月の連休でしたが今年は早めに来たので
ルリソウの開花に間に合いました。
P4202903.jpg

P4202902.jpg

ヤマブキソウとクマガイソウは相性が良いらしく混成しています。
P4202893.jpg

葉と花弁が少し違う セリバヤマブキソウ
ヤマブキソウの群落から離れた別の所にほんの少しの株が有りました。
P4202907.jpg

ウラシマソウ 先に長い糸状のものを 浦島太郎の釣り糸に見立てて名前が付いたようです。
P4202874.jpg

イチゴ(とちおとめ)を土産に アンディの散歩時間に間に合うように帰宅しました。
  1. 2016/04/21(木) 20:08:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アンディのお花見

2016年4月4日
アンディは近頃はめっきり後ろ足が弱くなり狭山湖まで出掛けられなくなり
朝夕の散歩は近くを回って帰って来るのがアンディの日課です。
それでも出掛けるのが大好きなアンディは頑張るのですが何度も崩れるように
座る込んでしまい動けなくなり哀しそうな顔をしています。
今日は気分が良さそうなので狭山湖の桜を見に行って見ることに
幸い狭山湖自然公園の入り口までは平らな道なので入口の桜を見て来る事に
用心の為 腰をサポートする用具を携帯して出掛けます。
RIMG0002.jpg

RIMG0001_20160404211032c0a.jpg

狭山湖公園の入り口まで来ました残念だけどアンディはここまで
RIMG0004_20160404211206cd9.jpg

写真を撮っていると フクちゃんが散歩に出て来ました。
半年前までは此処からが散歩のスタートでワンコ仲間と一緒に坂道を登り
狭山湖の堰堤まで出掛けたのに 今日はみんなを見送って帰ります。
RIMG0009.jpg

RIMG0021.jpg

朝夕の散歩以外は寝たきり状態でお漏らしもしてしまいます
寝返りが一人で出来なくなり2~3時間おきに寝返りをさせます。
RIMG0002_201604042112051ff.jpg

以前はカミさんに見送られて 私の会社まで一人で来たものでしたが(直ぐ近く)
今は来なくなって半年になり アンディのいないソファーが当たり前で 少し寂しくなりました。
家に帰っても出迎える事も無くなり かすれた声で私を呼び嬉しさを伝えてくれます。 
  1. 2016/04/04(月) 21:17:00|
  2. 山と花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

越後の花旅(3)

越後の花旅(1)へ
弥彦山周辺の山

今朝は花曇り 朝食を済ませ弥彦スカイラインへ向かいます
しかしスカイラインの開通が4月1日からで開通まであと日1日 仕方なく
予定変更して西生寺登山口から登山開始となりました。
登って来たのが能登見平天気が良ければ写真中央に能登半島が見えるのかも・・・
P3304865.jpg

オオミスミソウ
P3304853.jpg

妻戸山に登る途中で出会った白花のカタクリ
P3304861.jpg

妻戸山から八枚沢に下るルートで 淡いピンクのカタクリ
P3304869.jpg

カタクリの花の中を飛び交っているのですが 写真に納まってくれません
風が強くなり枯葉の上に避難しているのを撮らせてもらいました。
ギフチョウ
P3304872.jpg

雨乞山はほぼカタクリに覆われ見事です カタクリの群落の中を登って行きます。
カタクリ
P3304885.jpg

カタクリ
P3304891.jpg

雨乞尾根に咲くカタクリ
P3304900.jpg

キバナノアマナ
P3304906.jpg

キクザキイチゲ
P3304910.jpg

カタクリの写真を撮る私 写真提供は Kさん
IMGP9902.jpg

10時を過ぎから強い 海風が吹き上げてき  花が揺れ動き写真を撮るには不向きな天候
更に西生寺に下山途中から雨がパラパラ 何とか濡れる前に無事駐車場に到着しました。
2日間の工程はすべて終了です。

  1. 2016/04/02(土) 14:02:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

ケイ

Author:ケイ
アンディとクマガイソウ
アイリッシュセターのアンディを看取り
アンディの思い出をそのままに
趣味の山野草と野鳥と冬季はテレマークスキーを
サボりながらアップします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

過去ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する