FC2ブログ

風にふかれて(K)

山野草と野鳥のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

夏の思い出 聖岳

2018年8月12日~13日
昨年のヒマラヤと 今年のスイストレッキングのガイドをしてくれた 浅原さんがお盆休みに
聖平小屋に1週間ほど来ているとの事 前から登ってみたい山だったので出かける事にしました。
72歳と高齢のため長女が同行してくれることになり早速準備をはじめる。

001_20180830133831bcc.jpg
前日の12日23時に我が家を出て 圏央道から第2東名の新静岡IC下り真っ暗な道を北に進む事2時間半(新静岡ICから)
3時半過ぎに目的地の白樺荘に到着です 登山バスは予約してある
白樺荘発6時40分まで仮眠をとる。  聖岳登山口着8時 準備をして登りはじめる 
いきなり出会小屋跡までの急登がはじまる。


002_201808301342120e2.jpg
オクモミジハグマ


003_20180830134214020.jpg
聖沢吊橋
こんな恐ろしい吊橋がごく普通にある 吊橋を渡ると今日の一番厳しい登りです 造林小屋跡まで1時間10分と急登が続きます
この急登で体力を使い果たしヘロヘロなのに 突然の雷雨が襲い掛かり登山道は川へと変身
ヤットの事で聖平小屋に着いたのが3時 心配して浅原さんが玄関で出迎えてくれました。
13日の長い登山は無事終了

14日晴れ
004_20180830134216fe9.jpg
いよいよ待望の聖岳へ登ります 森林限界まではこんなお花畑の中を登ります。 


005_201808301342176a5.jpg
タカネマツムシソウ


006_20180830134218421.jpg
薊畑から見えるはずの光岳 雲海に包まれて見えません。

007_20180830134246d44.jpg
森林限界を過ぎ小聖岳から望む富士山 


008_20180830134248191.jpg
ヤット小聖岳に到着 後ろに見えるのが聖岳 更に1時間20分の急登が待っています。


009_201808301342502bc.jpg
トウヤクリンドウ


010_20180830134251ecc.jpg
たどり着いた聖岳山頂です。
長い休憩をとっている間に雲が湧きだし 天気が崩れはじめるきざしです。


011_20180830134252cdc.jpg
同行してくれた長女


012_20180830134324324.jpg
クモマユキノシタ
ポツポツと降り出した来ました 小聖まで我慢して歩いて来ましたが ここでレインスーツを着て
カメラもザックにしまいお花畑も未練を残しながら通過して 聖平小屋まで帰りつきました


15日 晴れ
013_20180830134326774.jpg
小屋前からの朝焼け 良い天気になりそうです。


014_201808301343280f9.jpg
浅原さんに見送られて下山  すでに天場はテントの数が減っていました。

015_20180830140628a73.jpg
聖沢沿いに咲くトリカブト


016_2018083013433118e.jpg
造林小屋跡からの長い下りを終え 吊り橋を渡る長女 
私はすでにヘロヘロ状態ですが 14時のバスに乗るため マダ頑張らないと・・・
追い打ちするように今日も雨に降られての下山です。


017_20180830134408303.jpg
行きには見つからなかった フジアザミ


018_20180830134409f7e.jpg
下山の登山道脇には沢山のキノコが見つかります。


019_20180830140629f47.jpg
出会小屋跡から最後の下り 何とか1時間前にバス亭に戻る事が出来ました
白樺荘の温泉につかり3日間の汗を流し 無事我が家に戻って来ました。
はじめての南アルプス南部の山登りは 山小屋の間隔が長く私にはとてもキツイ山でした。
同行してくれた長女にも感謝。



スポンサーサイト
  1. 2018/08/30(木) 13:46:33|
  2. 山と花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ヒガンバナ | ホーム | スイスアルプスの旅 (7)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://0067shika.blog64.fc2.com/tb.php/514-1a452b37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ケイ

Author:ケイ
アンディとクマガイソウ
アイリッシュセターのアンディを看取り
アンディの思い出をそのままに
趣味の山野草と野鳥と冬季はテレマークスキーを
サボりながらアップします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

過去ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。