風にふかれて(K)

山野草と野鳥のブログ

ヒマラヤトレッキング(8)

氷河湖までの道程はまだ少しありますが 花の種類が多いのには驚きです 写真を撮りながらの登りは酸素不足を
感じるようなって来ましたがポーターさん達は ごく当たり前のようでさっさと登って行きますが
私にはそうとうきつく感じられました。

P7280967.jpg
何処を見ても飽きることないお花畑に つい歩きが遅くなり 気が付くとみんなと離れ一人でいることが多くなります
空気が薄いのも原因の一つかもしれません。



P7281016.jpg
不明  後ろの赤い花は ビストルタ アンプレクシカウリス


P7281017.jpg
デルフィニウム・ブルノニアムス


P7281026.jpg
不明



P1280125.jpg
放牧地からの ダウラギリ


P7281039.jpg
氷河湖の辺に咲  くロイディア ユンナネンシス


P7281034.jpg
氷河湖の草むらに咲く マンテマの仲間どろうか???(不明)


RIMG0212.jpg
氷河湖 カヤールポカリ (牧草地の湖 そんな意味らしい)
信仰心の篤い ナーレさんは氷河湖の水で体を清めお祈りをしていました。


P7281045.jpg
ロディオラ ヒマレンシス(雌花) 日本ではイワベンケイの近似種



P7281047.jpg
ワタゲトウヒレン 
この花も会いたい花の一つでしたが 酸素不足に動く気力がなくなる私に 浅原さんがポーターさん達に
写真を見せ探させてくれて 写真がそのワタゲトウヒレンです。



P7281062.jpg
不明


P7291069.jpg
クレマントディウム アルニコイデス


P7291072.jpg
アコニトゥム スピカトゥム 和名トリカブトでは



P7291081.jpg
ダウラギリの山並みと黄色一色にそまるカヤール



P7291092.jpg
花園の奥にそびえる ニルギリ


P7291100.jpg
ダウラギリ



P7291116.jpg
ダウラギリ


RIMG0215.jpg
花園でご機嫌な私



P1280151.jpg
羊の牧童です。 皆さん写真を撮ることに全く抵抗が無いようで むしろ喜んでいるようです。



P1280144.jpg
氷河湖からの帰り道は意外と酸素不足を感じることなくテント場まで帰って来ました。
まだ何日か過ごしてみたい氷河湖へのハイキングでした。














スポンサーサイト
  1. 2017/08/22(火) 16:34:50|
  2. 山と花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<ヒマラヤトレッキング(9) | ホーム | ヒマラヤトレッキング(7)>>

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2017/08/26(土) 08:54:05 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

ケイさん、こんばんは
天空の花園、しっかり堪能しました
念願のブルーポピーも見れ、多くのスタッフに囲まれ
最高の旅になりましたね^^
雲から覗く雪化粧のヒマラヤ、ダイナミックで素晴らしい景観ですね、花を知らない自分ですが、美しい花々を撮るケイさんの感動が伝わって来ましたよ。
  1. 2017/08/24(木) 23:07:16 |
  2. URL |
  3. ASK #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

SKさんご無沙汰です。
とうとう行って来ちゃいました
4000m越えからが本番です サウンドオブミュージックを
思わせるような景色に感動しました。
雨季につきヒマラヤの山々は機嫌が悪く ダウラギリ峰と
ニルギリ峰は 顔を見せてくれたのですが 一番近いアンナプルナは
サウスが峰が ほんの少し見えただけでした。 

そろそろ何処か登りませんか??
  1. 2017/08/23(水) 21:17:04 |
  2. URL |
  3. ケイ #doV/ZezM
  4. [ 編集 ]

ただただ美しゅうございます

過酷さ故の美しさ、なのでしょうか。
信じられないほどの美に心穏やかではいられません。
そして、人の表情が好い。
ステキな旅立った事が、ひしひしと伝わって来て、
ここを観ながら自分も度に同行したような錯覚に陥りました、重ねて、素敵な画像の数々ありがとうございます。
  1. 2017/08/23(水) 19:48:15 |
  2. URL |
  3. kind1959 #ncVW9ZjY
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://0067shika.blog64.fc2.com/tb.php/473-b4eb2f1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ケイ

Author:ケイ
アンディとクマガイソウ
アイリッシュセターのアンディを看取り
アンディの思い出をそのままに
趣味の山野草と野鳥と冬季はテレマークスキーを
サボりながらアップします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

過去ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する