風にふかれて(K)

山野草と野鳥のブログ

娘との山旅 その(1)

2014年8月30~31日
今回の山旅の目的はタカネビランジとホウオウシャジンに会う旅です
姪と長女それに私の3人で出掛ける予定でいたが姪が前日に風邪をひき
娘と2人で出掛けることになりました。
早朝4時半に我が家を出て 登山口の青木鉱泉に7時半
青木鉱泉では雨 レインウエアーを着て8時ドンドコ沢に向かいます
その雨も1時間程で上がり一回目の休憩でレインウエアーを脱ぎ快適に登ります。
シャクジョウソウ
s-P8303211.jpg

このコースには何ヶ所か滝があります
一番初めの滝 南精進滝 落差が大きな滝で見ごたえがあります。
s-P8303217.jpg

次は白糸滝
s-P8303221.jpg

その次は5色の滝ですが私は疲れ果てパス 元気な娘は行って来ましたが
私は休憩。
暫く登ったドンドコ沢分岐右沢に入ると周辺にノウゴイチゴが実を付けて
口に入れると甘みとバランスのとれた酸味それと香りが疲れた体に回復力をくれ頑張れました。
鳳凰小屋はここから20分程で到着
若い頃何度も鳳凰に登っていますがこのコースは初めてです。
何日か天気が悪かった為に登山者が少なく 小屋は快適、談話室のコタツに入り
夕食までの時間をマッタリ過ごす事が出来ました。

ノウゴイチゴ
s-P8303229.jpg

翌朝は曇り 空天気予報通りの空 真上を見上げるとかすかに青空の兆しが
朝食を済ませテラスでモーニングコーヒーを飲み出掛ける支度をしているとガスが上がっています
焦る気持ちを押え登って行くと青空がどんどん広がり 青空に地蔵岳の象徴のオベリスクの見事でした。
s-P8313233.jpg

賽ノ河原の登りはアゴを出すほどの登りですがアイスホッケーで鍛えている
娘はヘッチャラのようです。
s-P8313234 - コピー

タカネビランジとオベリスク
s-P8313237.jpg

登りきると甲斐駒が正面に鎮座しています。
s-P8313239.jpg

振りかえると観音岳と雲海に浮かぶ富士山
s-P8313241.jpg

調子にのる わ、た、し
s-P8313247 - コピー

赤抜沢ノ頭からオベリスクと遠くに浮かぶ八ヶ岳
s-P8313260.jpg


西に目を向けると 北岳です
7月の末に正面の雪渓を登りましたが こうして眺めると 大樺沢の雪渓は
相当な斜度があり キツイのは当たり前ですね。
s-P8313262.jpg

この青空もほんの一時で曇り空に変わりました。

娘との山旅その(2)へ
スポンサーサイト
  1. 2014/09/02(火) 22:42:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<娘との山旅 その(2) | ホーム | 最近のアンディ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://0067shika.blog64.fc2.com/tb.php/423-4ffb3388
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ケイ

Author:ケイ
アンディとクマガイソウ
アイリッシュセターのアンディを看取り
アンディの思い出をそのままに
趣味の山野草と野鳥と冬季はテレマークスキーを
サボりながらアップします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

過去ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する