Top | RSS | Admin
■スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)| topへ
■鳳凰三山
2012年9月1日~2日

北岳に行ってから1ヶ月 そろそろ山に行きたくなってきた。
ホウオウシャジンが見ごろを迎えている頃だろうと思いつき
あわただしく山支度をして8/31日夜 夜叉神峠の駐車場に車を
走らせ10時,駐車場着 周りの車はすでに就寝中らしく
ひっそりとしている
早速用意してきた缶ビールを開け寝酒を飲み就寝
回りが騒がしくなったのでシブシブ起きると 程なく広河原行きの
タクシーやバスがゲートの開くのを待って並びはじめている。
私も支度をして夜叉神峠に向け歩きはじめる 
天気はマズマズ、夜叉神峠で若者2人と出会う2人とも単独行で
バラバラと,次の目標の杖立峠に向かう 
峠で先行の一人と出会い今度は私が先行する、苺平で三人が合流 
休憩を取り雑談の中で1人は私と同じホウオウシャジンが目的だった。
 
                 苺平手前に咲いていたオヤマノリンドウ
                 s-003_20120903221621.jpg

南御室小屋付近の栂の森の臨床でコフタバランを見つけました。
マクロレンズがあればと後悔。    
s-014 - コピー

            
46年ぶりに来た南御室小屋 タダタダ懐かしい。
冷たい水を補給 有りがたい
             s-008_20120903221706.jpg          
砂払岳より薬師岳を望む。
花崗岩の白砂が綺麗 薬師岳の手前に薬師小屋があり
鳳凰三山に登るのに地の利の良い山小屋で泊り客も多い。
私はスルーして,是も懐かしい鳳凰小屋に向かう
明日の天気が下り坂の為,今日ホウオウシャジンに
会っておきたいのだ。
s-018_20120903223505.jpg

ウラシマツツジの紅葉がはじまりました。 s-139_20120903221826.jpg s-035_20120903221805.jpg

薬師岳(2,780)から観音岳に向かうとタカネビランジが、あちら、こちらで咲いています。
s-044_20120903221845.jpg

               
観音岳への稜線 此処からは庭園の
散歩道 疲れを忘れてシャッターを切ります。
実に爽快・・・                s-058_20120903221901.jpgs-082_20120903221915.jpg

登るにつれタカネビランジの花が多くなってきました。
s-074_20120903221930.jpg                     
        s-060_20120903221947.jpg

s-071_20120903222202.jpg

岩の割れ目につつましく咲くホウオウシャジンお初にお目にかかります。
                        s-059_20120903222214.jpg 

苦労して登った甲斐がありました。
s-081.jpg

鳳凰三山の最高峰、観音岳(2,800)より地蔵岳への稜線
s-085.jpg

                   ホウオウシャジンは観音岳が一番多いようだ。
                   s-087_20120903222256.jpg
s-088_20120903222318.jpg

                  観音岳と地蔵岳のコル
                  今日は此処から鳳凰小屋に下り、明日地蔵の
                  オベルスクから三山を歩きます。
                  s-093_20120903222346.jpg

急な登山道を40分程下ると鳳凰小屋が目の前飛び出します。
赤い屋根は昔のままでとても懐かしく 又小屋の主人、細田さんが
入口で出迎えてくれました。
s-095_20120903222403.jpg

小屋の周辺がお花畑になっていて、珍しいオオシラヒゲソウが咲いていました。
s-098_20120903222418.jpg

小屋の前はヤナギランの大群落 冷たい沢の水で冷やしたビールで
今日に感謝して、一人乾杯。
s-103_20120903222433.jpg

翌朝は曇り ガスに包まれた鳳凰小屋を6時に出て地蔵岳(オベリスク)(2,764)に
向かいます、賽ノ河原の白砂が足元をサラサラ崩れ歩き難い、小1時間登り
オベリスクにたどり着くもガスに覆われぼんやりオベリスクが見えるのみ 
下から吹き上げる風が兎に角寒い・・・
s-137.jpg

岩に囲まれて咲くホウオウシャジン
s-112.jpg

吹き付ける風とガスの中頑張っているホウオウシャジン 
私も頑張ってザックからカメラを取り出したがレンズが曇ってしまい、
時間を掛けて曇りの取れるのを待っての根性の一枚
s-114_20120903222547.jpg

薬師岳を過ぎる頃からガスは雨に変わり、タダタダ下るのみ南御室小屋で
休憩させてもらい、ドリップコーヒーをいただく 美味しいコーヒーで一息入れ
雨の中をひたすら下る、夜叉神峠が最後の下り40分が誠に長く感じられる
登りで気が付かなかったジャコウソウを見付け写真を撮る
雨は何時からかあがって晴れ間が見え始め、程なく夜叉神の駐車場に到着。

ジャコウソウ 茎や葉に良い匂いがあるらしい
(茎や葉を折った事がなく分からない)
s-119.jpg
 
何時もの温泉で汗を流し 高速に乗り暫くは快調でしたが 大月から超渋滞にはまる
しかも1つのトンネルの中で4か所の事故 帰宅時間は大幅に遅れ7時無事帰宅。
スポンサーサイト
■コメント
アンディパパ - URL 2012/09/06/(木)20:25:35 編集
ホウオウシャジンはベストでしたが、タカネビランジは若干遅かったようでした。
オオシラヒゲソウが志賀高原に咲くのは初耳でした。
西丹沢のイワシャジンはバロンとアンディを連れて行けるかな~ 
箒茶屋のソバも魅力あるしね・・・
kimagurebaron - URL 2012/09/05/(水)22:21:28 編集
ホウオウシャジンとビランジ、ちょうどいい時期でしたね!「根性の一枚」、傑作です♪ オオシラヒゲソウは志賀ではよく見てましたが、南アにあるとは意外でした。関東があれだけ不安定な天気だったのに鳳凰はまずまずの天気だったようで、やはり日頃の行いですね~。
■トラックバック
この記事へのトラックバックURL・・・http://0067shika.blog64.fc2.com/tb.php/358-a7d01063
■コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Copyright © 2004 FC2. All Rights Reserved.
Template by 青空
,
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。