Top | RSS | Admin
■スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)| topへ
■雪の下に
2010年3月14日

秩父の山奥にある集落まで車で行き 3台程の駐車スペースに車を止め
今日の目的のフクジュウソウの自生地へ向かう
あまり知られていないので秘密の花園と呼ばれている
先日降った雪が予想以上にあり 歩く度に滑って四苦八苦
ハタシテこの雪でフクジュソウは顔をだしてくれるだろうか???
登りはじめて30分程で廃墟となった集落の後を通過
此処から暫く緩やかな登り道 体も温まってきたので小休止
アウターを脱ぎ温度調節をして歩きだす
鹿の食害除けのネットの扉を何度か開け閉めして 沢にたどりつく
此処からは辛抱強くこの沢をつめて行くとフクジュソウの自生地にたどり着く
久しぶりの山登りに息が上がってしまい休憩が多くなる
殆どのフクジュウソウは雪の下でしたが 何株価顔を出して出迎えてくれました
047_convert_20100315205348.jpg

雪を払うとフクジュソウが顔を出します。
053_convert_20100315205557.jpg

木の周りは雪解けが早く可憐な花が咲き誇っていました。
054_convert_20100315205631.jpg

008_convert_20100315204440.jpg

雪をかきわけ
009_convert_20100315204520.jpg

021_convert_20100315204759.jpg

027_convert_20100315205305.jpg

012_convert_20100315204550.jpg

038_convert_20100315222147_20100315222327.jpg

先客1人 何となく一緒に世間話をしながら下山 途中登りの人に
フクジュソウの様子を聞かれすれ違う
今日の登山者はどうやら3人のようだ。
スポンサーサイト
■コメント
■トラックバック
この記事へのトラックバックURL・・・http://0067shika.blog64.fc2.com/tb.php/255-c261667b
■コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Copyright © 2004 FC2. All Rights Reserved.
Template by 青空
,
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。