Top | RSS | Admin
■最近のアンディ
20014年7月21日
梅雨が明け 気温も急上昇
三連休の最終日 夕方の散歩は車で狭山湖へ 何時もなら歩いて行くのですが
最近メッキリ、アンディの足腰の調子が悪く長く歩くと腰砕けになりヘタリ込んでしまう事が
多くなり時々車で出かけます。
木陰の芝生でこうして暫くのんびりと過ごし帰って来ます。
s-RIMG0018.jpg

7月25日
朝の散歩です。
アンディの眺める先には1年前までは遊び場だったところです
s-RIMG0024.jpg

8月9日
ネコ大好きアンディは ネコを見かけると寄って行くのですが
ほとんどのネコちゃんに怒られていますが 懲りないアンディです。
s-RIMG0027.jpg

8月9日
最近のお気に入りネコはこの塀の中のツツジの中をねぐらにしている
グレーの野良ちゃんです ナカナカ会う事が出来ずこの前を行ったり来たり
どうやら今日は空振りのようです。
s-RIMG0022.jpg

8月12日
今朝はカミさんから グレ子(グレーの野良猫)のおびき出し作戦を伝授され
特上のおやつをバックに忍ばせて アンディとイソイソでかけました。
カミさんに教わった通りおやつの袋をシャカシャカして少し待つとグレ子が現れました。
s-RIMG0031.jpg


作戦成功です
アンディは大喜びでグレ子から目を反らしません。
s-RIMG0035.jpg

耳が蚊に食われ凸凹です。
s-RIMG0036.jpg

追加
昨年友人から頂いたレンゲショウマの鉢植えが開花しました。
まだ蕾がいっぱい有るのでこれからが楽しみです。
s-P8083154.jpg

s-P8093207.jpg

それからカミさんが育てているアデニュウム(砂漠のバラ)も
いっぱい花を付けました。
s-P8093197.jpg
■北岳の花旅(その3)
北岳の花旅(その1)はこちらへ

北岳山頂 トーチャコ
正面は仙丈岳 その右奥には北アルプスが望めます。
s-P7293093.jpg

白根三山の稜線 赤い屋根は昨日お世話になった北岳山荘 稜線先は中白根、間の岳、
農鳥岳へと続く稜線  間の岳の右奥には塩見岳と 360度の展望を楽しみます。
s-P7293098.jpg

甲斐駒ケ岳 後ろの山並みは八ヶ岳 
s-P7293094.jpg

鳳凰三山 左にはオベリスクも 
s-P7293109.jpg

下り初めて直ぐイワヒバリが ゴキゲンヨウ~
s-P7293111.jpg

バットレス越しに望む富士山
s-P7293113.jpg

北岳肩の小屋 周辺のお花畑
ミヤマオダマキ
s-P7293115.jpg

見上げると、イワウメ 小さな葉にしては大きな花です。
s-P7293120.jpg

花期が長いチョウノスケソウ
s-P7293122.jpg

ミヤマシオガマ
s-P7293123.jpg

肩の小屋近くに咲く、イワヒゲ
s-P7293126.jpg

右俣の下り道
草原に咲くテガタチドリ
s-P7293133.jpg

ハクサンチドリ
s-P7293138.jpg

二俣手前に咲く、 マルバダケブキ
s-P7293141.jpg

天気に恵まれ、目的のタカネマンテマにも会え素晴らしい山登りになりました。
帰りの高速道路も順調で平日の登山は良いですね・・・
■北岳の花旅(その2)
北岳の固有種 まだ咲き始めたばかりで背丈が小さく他の花影に咲いています。
キタダケトリカブト
s-P7283029.jpg

ここはシナノキンバイのお花畑
s-P7283031.jpg

シコタンソウ
s-P7283037.jpg

タカネナデシコ
s-P7283040.jpg

タカネツメクサ
s-P7283041.jpg

少し手前で グー、グゥ~ギャーと工事現場の音が聞こえて なに~??
正体は4匹の子供連れの雷鳥でした。
写真上中央の岩の間に子供がいます。
s-P7283046.jpg

母親の雷鳥 子供たちに何か指図しています。
s-P7283049.jpg

北岳山荘近くで咲いていたチシマギキヨウ 八本歯コルより開花が早いようです。
s-P7283056.jpg

さて翌朝 予報では曇りでしたが見事に晴れて 雲海に浮かぶ富士山が
流石日本一の山 登るより遠くで眺めるのが良いのでは 
そう言う私は富士山には登った事が無い・・・
s-P7293057.jpg

s-P7293061.jpg

北岳のシルエットと日の出
s-P7293070.jpg

今日は、今回の目的の花タカネマンテマを探しながらの登山になります。
ずいぶん昔、家族と登った時はトラバース道で咲いているのを写真に撮ったのを最後に
出会っていない、
2年前には咲き終わりに対面したが今年は是非開花株を探すつもりで登って来ました。
岩陰に咲くチシマギキヨウ
s-P7293072.jpg

岩影を覗きながらゆっくり、のんびり、登って行きます。
急斜面の岩場を登り右手を見ると ついに見つけました感激の瞬間です。
タカネマンテマ
s-P7293080.jpg

先端にピンクの花びらがピラピラッと付くのですがまだ少し早かったのか、
遅かったのか定かではありませんが・・・
s-P7293082.jpg

北岳上部、岩場のお花畑ではコイワカガミ、白花はハクサンイチゲ、
黄色の花はミヤマキンポウゲ, 北岳山頂まで15分位かな 一頑張りです。
s-P7293092.jpg

北岳の花旅(その3)へ
■北岳の花旅(その1)
2014年7月28~29日
今年初めての北岳ですが 今年は何時もと様子が違います
7月初めに芦安~広河原間崖崩れにより通行止め 開通は8月中旬以降になるらしい
仕方なく遠回りして前日の29日に奈良田まで行き車中泊して翌朝5時半の奈良田~広河原行き
のバスに乗ることにしました。
芦安に比べ駐車台数が少なく私が着いた時はすでに数台のスペースしかなく前日に来て
良かった~早速クラーボックスでキンキンに冷えたビールと寿司で一人宴会・・・
夜中に起きると満点の星空 久しぶりの天の川に幸先が良さそうだ。
バス停脇に咲くヤマユリ
s-P7272970.jpg

奈良田から満員のバスに揺られ 車酔い寸前に広河原到着 
吊り橋を渡る手前から、これから登る大樺沢左俣ルートを望む 例年に比べ雪解けが早いようだ
最近はここを登り切るのにかなりの体力を使い八本歯コルにヘロヘロ状態でたどり着くのが常だ
s-P7282979.jpg

吊り橋脇に咲く クサボタン
s-P7282982.jpg

大樺沢沿いに咲く センジュガンビ
s-P7282983.jpg

2時間半かけて二俣到着 やはり雪の量は少ない 多くの登山者は右俣コースへと別れる
私は予定通り左俣を登る ここで出迎えてくれるのが私の好きな花 ミヤマハナシノブだ・・・
ミヤマハナシノブ
s-P7282988.jpg

s-P7282998.jpg

それと、ミヤマグンナイフウロウ
s-P7282996.jpg

やっと八本歯コル到着です
開花前の チシマギキヨウ
s-P7283001.jpg

すでに終盤の ツガザクラ
s-P7283007.jpg

頑張って30分登ると北岳山荘へのトラバース道分岐 ここまで来ると 疲れを忘れさせてくれるお花畑です
私は通常1時間で行くところをのんびり倍の時間をかけて お花畑を楽しみます。
キンロバイ
s-P7283008.jpg

イブキジャコウソウ
s-P7283017.jpg

イワオウギ
s-P7283018.jpg

ミヤマダイコンソウ
s-P7283020-01.jpg

ミヤマクワガタ
s-P7283028_20140801220050cd5.jpg

ミヤマムラサキ
s-P7283025.jpg

お花畑はまだ続きます    北岳の花旅(その2)へ


Copyright © 2004 FC2. All Rights Reserved.
Template by 青空
,