風にふかれて(K)

山野草と野鳥のブログ

立山・スキーツアー(2)

立山・スキーツアー(2)                      
一ノ越まで登って来ました これからお山谷を滑ります
下で昼飯の予定 その後は一ノ越まで登り返し 行きは良いよい帰りはシンドイ
 s-051_20140510154037848.jpg

一ノ越から雷鳥荘を望む 硫黄で黄色くなったところが雷鳥荘
ここからは右にトラバースして雷鳥荘まで滑ります。
気温が上昇して雪は滑りやすく最高の条件になり みんなご機嫌です。
ちなみに今朝の登りは雪が凍り登るのが大変でした。
s-058_201405101552005f5.jpg

今日は最悪の天気で勿論ツアーは中止
代わりに二木さんのレスキュウ講習とアイゼンを付けての急斜面の登りかた及び
滑落したときのブレーキングなど・・・
講習中雷鳥がご機嫌伺いに来てくれました。
午後からは室内で怪我人の搬送の講習 予報では明日は良い天気だそうですが
残念なことに 明日は下山です。
s-071_20140510155202ddb.jpg

AM5:20分朝日が奥大日を染めはじめました 予報どーり快晴
s-075_201405101540413c7.jpg

帰り支度をして雷鳥荘前で記念撮影 二木さんが室堂まで送ってくれました。
s-081 - コピー

バスに乗り立山駅に向かう途中 観光客が行きかう 雪の大谷今日の雪の高さは13Mだそうです。
s-097_201405101557351d6.jpg

帰りはバスで美女平まで行き 美女平からケーブルカーで立山駅に向かいます。
ケーブルカーの前には荷物を乗せる車両がついていました。
s-099_201405101557377ad.jpg

先ずは温泉に入り 振り返ると後ろ立山連峰が・・・名残惜しい
s-102_20140510155738eb7.jpg

途中立ち寄った道の駅のチュウリップ畑
s-104_20140510155740968.jpg
昼食は滑川のホタルイカの刺身とシロエビ丼を食べ 満足、満足、
お腹が空き過ぎて写真を撮るのを忘れてしまった。

スポンサーサイト
  1. 2014/05/10(土) 16:00:19|
  2. テレマークスキー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

立山・スキーツアー(1)

2014年5月3日~6日
久しぶりの立山ツアーになります
今回は富山県から入山になり そのため5/2日の夜出発です
同行者は板橋からお嬢さん2人 板橋発PM11時
関越、上信越、長野道、北陸道と乗り継ぎ 立山ICでおり登山口の立山に向かいます。
早朝6時登山口の立山到着 すでに駐車場は満車状態でしたが何とか駐車出来ました。
予約したバスの時間は10時発 時間に余裕があり過ぎるため車の中でウトウトしたり
駅周辺をウロウロしたり・・・
立山で合流予定のAさんを探したりして時間をつぶし 室堂へ向かいました。
室堂では今回ガイドをお願いしたポートスノー白馬の二木さんが笑顔で出迎えてくれました
二木さんとは7~8年ぶりです。
室堂からスキー板を履き雷鳥荘に向かいます 午後からライトツアーの予定でしたが
天候不良につき今日のツアーは中止
写真のオレンジのパンツが二木さん 今回のツアーガイドさんは3名。
s-001_20140524213922410.jpg

5/3日朝のみ晴天 写真下は雷鳥沢キャンプ場
s-007_2014051015293927e.jpg


夕方天気回復の兆し 明日は待望のツアーに出られそう~
奥大日に沈む夕日
s-014_2014051015294086f.jpg

右が立山の最高峰雄山(3,003) その左大汝山(3,015) その左富士ノ折立(2,999)
日没前の一時
s-018_20140510152942a0d.jpg

奥大日と雷鳥荘
s-019_20140510153728e4d.jpg


夕暮れの浄土山
s-024_20140510153729e84.jpg

5/4早朝 地獄谷 雷鳥荘はここから引き湯した源泉かけ流しの温泉です。
どうやら今日はツアー日和になりそうです。
私の足も朝日のおかげさまで長が~くなりました。
s-039_201405101537316a3.jpg

AM6時7分 奥大日方面
s-041_201405101537326c1.jpg

雷鳥荘と浄土山
左の鞍部は一の越 今日はここに登り お山谷を滑る予定です。
s-042_201405101537342b9.jpg

立山・スキーツアー(2)へ
  1. 2014/05/10(土) 15:30:16|
  2. テレマークスキー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

プロフィール

ケイ

Author:ケイ
アンディとクマガイソウ
アイリッシュセターのアンディを看取り
アンディの思い出をそのままに
趣味の山野草と野鳥と冬季はテレマークスキーを
サボりながらアップします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

過去ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する