Top | RSS | Admin
■涼を求めて玉原へ
2012年8月17日

朝の散歩もおわり、のんびりする予定が,あまりの暑さに急きょ玉原高原に
出掛けることにしました 今ならラベンダーもいくらかは咲いているかも・・・
9時過ぎに家を出て高速を走行中カミさんの携帯に長女から電話
「今日は居るの~」カミさん「玉原に向かっているよ~」
長女「私も行きたかったな」そんな訳で近くのインターからUターンして
娘を迎えに戻り1時間のロス・・・ 
s-064_20120817205410.jpg

沼田インターで下り 生産者直営の果樹園に寄り道
おばさんに ことわり果樹園に入り写真を撮らせてもらう。
s-004_20120817203111.jpg

もも、すもも、プラムを買出し 玉原へ
買い物中アンディは車の中で待機(この周辺の気温はかなり高くモーレツ)
s-009_20120817203124.jpg

入場券を買い ラベンダーパークに入る
此処まで来ると高原の爽やかな風にホット一息
s-013_20120817203140.jpg

泳ぎが苦手なアンディも、せせらぎなら気持ち良くバシャバシャ遊んでいます。
s-022_20120817203153.jpg

s-066_20120817203210.jpg

レストランのテラスで爽やかな風に吹かれて食事 の~びり うとうと時間が過ぎていきます。
s-027_20120817203225.jpg

ラベンダーの花にかこまれて散歩
s-030_20120817203252.jpg

s-048_20120817203314.jpg

s-033_20120817203302.jpg

s-056_20120817203330.jpg

s-073_20120817203349.jpg

s-087.jpg

帰りは 川場の道の駅へ寄り道
カミさんと娘は買い物 私とアンディは芝生でラベンダーソフトを食べながらブラブラ 
裏山にはブルーベリーを摘んで食べことが出来ます。
s-089_20120817203416.jpg

所々渋滞していましたがほぼ順調に帰って来ました。
■マロン(ボルゾイ)とアンディ
2012年8月13~14日

今日、明日とカミさんの実家へ出掛けました。
迎え日を焚き仏様を出迎えてから総勢13名の飲み会がはじまります。
アンディは一足先に何時もの公園に散歩に出掛け エアコンの付いた部屋で
朝まで良い子にしています。
13人もいると入れ替わりにアンディの面倒を見てくれるため
アンディもご機嫌です。
s-046_20120818143502.jpg

散歩途中川沿いの木の枝でハグロトンボを見つけました。
s-049_20120818143515.jpg


翌日はブドウ農園のマロン君(ボルゾイ)に会いに出掛けます。
車がマロン家に着くとカーテン越にマロン君が覗いていました
早速ご挨拶
s-052_20120818143528.jpg

s-075_20120818143537.jpg

s-076_20120818143557.jpg

馴れて来るとお互いにマイペースでくつろいでいます。
s-078_20120818143610.jpg

タネナシ巨砲を買い出しして、一旦実家に戻り 帰りの渋滞に巻き込まれないように
早めに帰宅しました。



■今日のアンディ
2012年8月4日

最近の暑さに散歩時間がどんどん早くなり、今は5時30分に家を出ることにしている。
10分程歩くと西武ドーム手前のスイレン池に大きな鳥が飛来
何時もはなんとなく通り過ぎて仕舞うのですが覗いて見るとアオサギのようです。
スイレンの花も咲き初めていました。
s-RIMG0048.jpg

久しぶりに綺麗な空
アンディに何時ものポーズをとって貰いました。
写真中央の山の上に富士山の姿も見えます。
s-005_20120812163302.jpg

帰り道フヨウが綺麗に咲き誇っていました。
s-023_20120812163314.jpg

我が家の庭でブラックベリーの収穫です。 
も~すぐブラックベリージャムが食べられそうです。
s-002_20120812163329.jpg

窓辺のアデニュウムが何時もの年より大きな花を咲かせてくれました。
s-025_20120812163340.jpg

夜は西武遊園地の花火大会がはじまり アンディとベランダで花火見学
しかしアンディは全く興味がないようです。
8月いっぱいの土、日、花火が楽しめます。
s-008_20120812163354.jpg

s-020_20120812163404.jpg

s-019_20120812163415.jpg
Copyright © 2004 FC2. All Rights Reserved.
Template by 青空
,