Top | RSS | Admin
■スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)| topへ
■鳴神山
2012年5月26日

鳴神山にカッコウソウ&ヒイラギソウに会いに出掛けました。
登山口の駐車台数が少なそうなので早朝に家を出て大滝登山に7時到着
登山口手前の駐車スペース(路駐)にはすでに2台が駐車しており残りスペースは
後わずかでした、登山準備の間にも数台は入りすぐに満車になりました
ブラブラ登り1時間ほどでカッコウソウ移植地に着きましたが花の姿は皆無
よ~く見ると奥に3株ピンクの花らしき物が見えるのにみでとても写真には
納まりません 諦めて取り合えず鳴神山山頂へ・・・
山頂の見晴らしは良く日光白根や男体山、上州穂高などが望めました。
次の目的地は椚田の保存地 山頂からガタガタ下り、すれ違う登山者に聞くと
咲いているとの事 初めて会うカッコウソウに足は速まります
杉林の中に咲いていました 今年は花の数が少ないそうです。
s-015_20120527183434.jpg


s-019_20120527183500.jpg


s-054.jpg

カッコウソウと別れ、下山途中にウラシマソウが咲いています
群落と呼べそうな株の量でした。
s-022_20120527183553.jpg

さらに下るとヒイラギソウが・・・
この花も初めて見る花です 昔は大きな群落があったそうです。
s-032_20120527183613.jpg


s-027_20120527183628.jpg  

程なく こつなぎ橋に下山 駐車スペースに戻ると車の量は大分増えて
路肩に左右車の列が出来ていました。
■朝の散歩
2012年5月16日

アンディが川の中を気にするので覗いて見るとカルガモの親子の散歩中です
今年はヒナが10羽と何時もの年より多いようです。
s-004_20120531234109.jpg

五月晴れの今日は富士山もクッキリ、久しぶりの景色に 
アンディ君にポーズをとってもらいました。
s-006_20120531234558.jpg

堰堤下ではワン仲間と朝の一遊び 6時に家を出て帰るのが7時45分と
毎朝長~いお散歩になるのは こうしてワン仲間と遊ぶためツイツイ長くなってしまいます。
s-020_20120531234619.jpg

s-007_20120531234633.jpg

今年はムラサキツメクサの開花は1週間ほど遅れています。
s-006 (2)

ブタナの斜面を登るアンディ
s-030_20120531234703.jpg

アンディ風にふかれて・・・
s-026_20120531234715.jpg
■佐渡の花旅 (3)
オオミスミソウ(雪割草)

s-020_20120509203452.jpg s-029_20120509203524.jpg

s-130_20120509210521.jpg s-132.jpg

s-135_20120509210610.jpg s-137 - コピー

s-139_20120509210654.jpg s-142_20120509210717.jpg

s-216_20120509210907.jpg s-217.jpg

s-232.jpg s-233.jpg

s-240.jpg s-127_20120509212304.jpg
   





■佐渡の花旅 (2)
オオミスミソウ(雪割草)

s-035_20120509203551.jpg  s-036_20120509203611.jpg

s-038_20120509203639.jpg  s-043_20120509203659.jpg

s-050_20120509203713.jpg  s-056_20120509203739.jpg

s-071_20120509203818.jpg  s-077_20120509204247.jpg

s-089_20120509204339.jpg  s-092_20120509204403.jpg

s-097_20120509204429.jpg  s-099_20120509204457.jpg

s-100.jpg s-111_20120509204632.jpg


  





■佐渡の花旅 (1)
2012年5月5日~6日

昨年まで3年続けて新潟の山にオオミスミソウに会いに出掛けていましたが
今年は思い切って佐渡へ出掛けることにしました。
4日の深夜高速バスに乗り新潟の万代シティバスターミナル着,早朝5時
直ぐタクシーで新潟港へ向かいます。
6時のカーフェリー乗り込み寝場所を確保 なにしろ初めての佐渡、勿論カーフェリーも
様子が分からないままに前の席に落ち着きましたがフェリーが動き出して
失敗が判明,先端部はフェリーの揺れが大きく船酔いを感じる事になろうとは・・・
両津港着8時30分 タクシーで目的の登山口に向かいます。
天気は予報より良く マズマズの登山日和です。

全山カタクリの大群落の中をのんびり歩きます
佐渡のカタクリは葉っぱに斑が無いのには驚きました。
s-105.jpg

キクザキイチゲは写真の色と白色が殆どでした。
s-114.jpg


お花畑の中を登ります。
s-268.jpg

エゾエンゴサク
s-010_20120509185107.jpg

シラネアオイ
s-200 - コピー

s-203.jpg

アマナ
s-226.jpg

オオイワカガミ
s-161.jpg

オオミスミソウ(雪割草)
s-135_20120509185218.jpg

ご多分に洩れず今年の佐渡も雪が多かったらしく、想定していた お花ポイントは雪の中
それでも登山途中に沢山の花と出会う事が出来ました。
地形図を持って行かなかったのが悔やまれます 布製の目印が全く見当たらず
止む無く来た道を引き返す事に ダム近くまで下山した処で、思いがけずHanaHana日記さんに
遭遇し引き返したのが吉と出ました。
2日目はポピュラーなコース、アオネバ登山道を登ります ドンデンライナーの乗客は10名
全員がアオネバ登山口で下車 我々は相変わらず写真を撮りながらのんびりと一番最後を歩きます
アオネバ十字路手前から雪道になり、心配していた雨が降り出し更に雷のオマケ付き
予定を変更して直接ドンデン山荘に入りました、丁度山開きの催しで餅付きがあり
思いがけず振る舞い餅に有りつき 満足 生ビールは自前で楽しみました。 

佐渡の花旅(2)(3)で オオミスミソウの花の写真をアップしました。
■GW・前半の花旅
2010年4月30日

今年もクマガイソウに会いに来ました。
3年前のGWにクマガイソウを探しに来たのですが
見つからず帰り掛けに、タマタマ畑で仕事の老人に声をかけ
尋ねてみると意図も簡単に「あるよ~」早速教えて頂き行って見ると
農家の裏山に大群落 ダメ元で聞いたのが大ヒット・・・

高速を佐野インターで下り、アンディ君のトイレに寄った道の駅(三毳)
林の中にタツナミソウが咲いていました。
s-001_20120504093358.jpg

タツナミソウと同じ林の中程にキンラインが10株程
草丈が高く風にゆれシャッターがナカナカ切れずオウジョウしました。
s-007_20120504093408.jpg

今日の目的クマガイソウに会いに里山に来ました。
顔なじみになった山の持ち主さんに挨拶をして裏山へ
ヤマルリソウが、今年は春の訪れが遅かったので綺麗の咲いていました。
s-010_20120504093427.jpg

クマガイソウ 毎年イノシシ除けが大変だそうです。
お陰さまで、こうしてクマガイソウに会うことが出来ます(感謝)
s-013_20120504093436.jpg

s-016_20120504093445.jpg

この里山を彩る、もう一つの主役、一面に咲き誇るヤマブキソウも圧巻です。
s-055.jpg


Copyright © 2004 FC2. All Rights Reserved.
Template by 青空
,
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。