Top | RSS | Admin
■日曜日の雨
2008年6月29日
今日は朝から雨降り 朝の散歩は最短コース雨が上がったら 
遊びに行こうね~ 
しかし午後になっても雨の上がる気配はなくシビレを切らした
私とアンディはレインコートを着て小雨の降りつずく 
何時もの遊び場に出掛けてみるがやはりこの天気には
ダ~レも来ていない

一人遊びが得意のアンディはそれでも楽しく爆走中
s-026_20080630230054.jpg


草刈りをしてくれるともっと走り良いのに~と 
アンディは言ってます。
s-033_20080630230105.jpg

s-035 (2)


場所を変えてまた一走り レインコートが邪魔だけど 
この時期草の実が酷く何時も遊んだ後始末が大変 
特に雨の日はとんでもない事になる
s-039_20080630230127.jpg

s-041_20080630230141.jpg


一時間程遊ぶと満足したらしく 何時ものポーズ モアイ像に変身
このポーズが出ると満足した証拠です。
お腹を空かして家に帰り アンディはお食事 最近は子猫も大きくなり
アンディのおこぼれを頂きに よって来るが アンディはお兄ちゃん
決して怒らない
s-003_20080630230151.jpg


お利口なアンディです。
■上越の山
2008年6月28日
オノエランを見たくなり上越の山へ・・・
梅雨の合間 良くて曇り悪ければ雨を覚悟しての山行でしたが
幸い絶好の天気に恵まれ 日焼けするほどでした
7時半に登り始めて 2時間が我慢の登りになります
2時間を登り切るとお花畑の中の登山になり 疲れを忘れさせてくれます

はじめの出会いは ベニサラサドウダン
s-017_20080629232439.jpg


同じ標高で ウラジロヨウラク
s-072.jpg


ここを登り切ると間もなく森林限界で 見晴らしも良くお花畑の散歩道
ハクサンチドリ
s-023.jpg


ヨツバシオガマ
s-037_20080629234055.jpg


今日の目的のオノエランは随分探しながら歩いていましたが 
なかなか見つからず あきらめ掛けて一休み ザックを下ろした草むらで 
3株見つける事が出来ました
オノエラン
s-035_20080629234751.jpg


頂上1983.7メートルで昼飯 一休み後カメラを担いですぐ下のお花畑へ・・・
ハクサンコザクラが見ごろでしたが風に揺れ 良いショットが撮れません
ハクサンコザクラ
s-064.jpg


ミヤマキンバイ
s-059.jpg


他にもハクサンイチゲ チングルマなどの花を撮り下山 少し下った湿原には
イワイチョウ
s-074.jpg


下山路の両脇には
イワカガミ
s-078.jpg


1000メートル付近であまりお目に掛かれない 
腐生ランに出会う事が出来ました 
ショウキラン
s-082.jpg


帰りはお決まりの温泉に 今回は猿ヶ京の満天星の里で一風呂浴びて
帰宅しました。
■罪ほろぼしに・・・
2008年6月22日

昨日 アンディはお留守番 (私以外は家にいましたが)
せめても 今朝は眠い目を擦りながらのお散歩です
何時もの狭山湖へ・・・
霧雨の中 アンディの汚れるのを覚悟で出かけました。
やはり草むらは雨でびっしょ濡れ それでもアンディには楽しい一時です。
s-001_20080623233726.jpg


私の前を右に左に 一緒に走るとモット喜ぶのだが 昨日の疲れが残っているので
暫くはアンディの一人遊びです。
s-002_20080623233749.jpg


満足すると このようにアンディのお決まりのポーズ
時には遠くを眺めモアイ像になる時もあります。
s-004_20080623233758.jpg


小雨が降り出してきた 今日も一日こんな天気なんだろう
帰ってアンディはシャンプー あまり好きではないのだがシャンプーの
あいだは良い子です シャンプーが終わると狭い家の中で大暴れするのが
我がアンディの常なのです。





■南アルプス前衛の山
2008年6月21日
早朝5時仲間と我が家を出かけ 途中高速のバス停で一人拾い 3人で小雨の中
目的の山に・・・
今日の目的はキバナノアツモリとホテイラン 何時もなら咲いているはずが
今年は残念な事にまだ蕾 しかも群落しているはずが写真の一株のみ
霧雨の中 重い三脚を担いで来たのにどうしたことか?
s-062.jpg


             この写真は2年前に同じ所で撮影したもので
キバナノアツモリ   ひとつ茎に2輪咲くのは大変珍しい事です
s-キバナノアツモリ6


           総体的にこの山では花の時期が10日程遅れているようだ
           気を取り直して次のポイントへ・・・
           ここはさらに酷く 株もなくなっていた

ホテイアツモリ  この写真も2年前同じ時期に撮影したものです。

s-ホテイアツモリ4


そんな訳で収穫なしの山歩きは8時間 残念な結果になりましたが
また来年に臨みを託し下山しました。
■今日のアンディ
2008年6月8日
昨日は久しぶりに従兄弟達と吞み 帰宅は夜中にとなり 当然寝ている
はずのアンディが門扉の開くのにきずき玄関に入ると同時に階段を
飛び降りて来て 出迎えてくれました
そんな訳で今朝は寝坊して散歩に出たのが7時半過ぎでした
当然のことですが何時もの仲間はとっくに帰ってしまいました
でもハスキーのナギ君と小型犬が遊んでいるのに合流。s-017.jpg


みんなと暫く遊んだ後はアンディの放牧タイム
暫く自転車で並走して先に行ったアンディを待って見ました
私のいないのにきずいて 戻って来ましたが若干キレぎみでした。



帰りはシモツケの花をバックに・・・
帰宅したのが9時15分 二人ともお腹ペコペコ
s-019.jpg


お昼寝をした後はジョイフル本田へ買い物です 大型犬用買い物籠に乗り
(大型犬用は買い物を入れる所がほとんどありません)店内へ
何人かに声を掛けて頂きましたが最後にお会いした方はアイリッシュセター
4か月を飼い始めたラルフ君のパパさん 今日はワンちゃんは
お留守番だそうです 何処かで会えると良いですが・・・
s-025.jpg


帰ると今度は夕方のお散歩の時間 途中で仲良しのオリビアちゃんと会い
何時もの多摩湖 中堤防へ・・・ この二人は何時もマッタリ息が会います。
s-002_20080609001641.jpg





■アンディの妹
文字色2008年6月7日
アンデイの仲間が増えました それは先月のオフ会の一週間前の事です
小田原から来た2匹の子猫の里親です
ワンコと猫の生活は馴れていますが さてアンディとの相性が心配でした

先ずは我が家に来た時の子猫達です
s-002_20080608113339.jpg


アンディは三毛猫に興味をもち2~3日はストウカーまがいで
子猫の後を付け回していましたが 子猫も追い詰められると猫パンチを
繰り出し応戦していました 少しずつ猫の扱いが変わりはじめので
猫部屋に入る時間を長く取るようにしていきました。
s-010.jpg


2週間たつとすっかり仲良し こんなふうに寝るように変わってきました
この頃になると猫部屋は解放して食事時間でけ出入り禁止です。
s-010 (2)


自分の部屋と猫部屋を区別して 寝るときは自分の部屋(私とカミさんの寝室)で
寝ています 時々は子猫も遊びに来て並んで寝ています。
s-007_20080608113440.jpg


名前の紹介が遅れました。
この子は そらちゃん 
s-038.jpg


この子は オリーブちゃん2匹とも女の子です
s-028_20080608113502.jpg


そらちゃんが お姉さん オリーブちゃんは妹です 別々に引き取られた子たちですが
2匹で遊んでいるのを見るとやはり2匹引き取って良かったと思っています
アンディのソファーでお昼寝 3週間立ちアンディと子猫の関係はとても仲良し
私たちも一安心しています。  
s-004 - コピー


まだ手の平に乗る程の大きさ 我々は歩くとき 立ち上がる時 踏みつけないように
神経を使います。
■ホテイラン
2008年6月1日
昨年雲取山でホテイランを見つけ写真に収めて来たのだが 
イマイチ納得が出来ず 今年は友達の案内で八ヶ岳に
出掛けてみる。
花の撮影は失敗すると一年待つしかないのがチィと辛い・・・
現地に行っても咲いていれば良いのだが なかなか
そーもいかないのが現実だ 今年は私にとって初めての場所 
さてさてどんな感じかな?
中央高速の小淵沢ICでおりアスファルト道路から外れ
ガタガタのダートコースを暫く走り 登山道を歩きはじめてまもなく
2株が目に止まる、開花時期は良いようだ
更に先に進むと沢に掛った丸太橋 水量がかなり多く丸太が水に
浸かって危ない 沢を渡った先が ホテイランの自生地らしい 
すでに数人がファインダーを覗いている。
マイブームと思っていたのだが、どうやら静かなブームが来て
いるのだろうか? 
デジ一眼の普及が一役勝手いるのかも・・・
私もRZ67と重い三脚をデジ一眼に換え山登りを楽しんでいます。

ホテイラン
s-030_20080603000922.jpg


真横から見るとシャクレ顔
s-028.jpg


咲いたばかりのホテイラン 葉っぱは一枚地面にへばり付いている
s-047.jpg


まれに白花もあるようで一株だけ見つける事が出来た(ラッキー)
s-095.jpg


好きな事をしていると時間の立つのが何とも早い・・・ たぶん来年も来てしまうかも!!
Copyright © 2004 FC2. All Rights Reserved.
Template by 青空
,