風にふかれて(K)

山野草と野鳥のブログ

チョットそこまで

2018年2月20日
カミさんと私は 日課になっている毎日の散歩がてらの バードウオッチングを少し足を延ばし車で鳥見ポイントへ出かけて来ました。
DSC_0688.jpg
カケス
車を置き鳥見ポイントに向かう途中ギャーギャーとカケスの鳴き声が・・・見上げると高い枝に止まっているのを見つけ
ザックからカメラを取り出している間に移動しはじめかろうじてファインダーの隅に捉えることが出来ました。


DSC_0717.jpg
オオマシコ
先日降った雪がまだ残っています。
カメラマンが少ないな~と思いながら カメラをセットしていると久しぶりにお会いしたSITさんが 何人かイスカを撮りに
上に行ったとの事 我々も行って見ようと準備をしているところへイスカハンターが空振りで戻って来ました。

DSC_0751.jpg
オオマシコ


DSC_0758.jpg
ゴジュウカラ
オオマシコの間を縫うようにゴジュウカラが顔をだしヒョウキンに飛び回っています。


DSC_0805.jpg
ゴジュウカラ


DSC_0819.jpg
オオマシコの雌


DSC_0830.jpg
オオマシコの雄


DSC_0842.jpg
オオマシコの雄


DSC_0846.jpg
ヤマガラ
頻度は少ないが時折顔を見せてくれます。



DSC_0947 (2)
コガラ


DSC_0873.jpg
オオマシコの雌


DSC_0921 (2)
オオマシコの雄


DSC_0958.jpg
イスカの雄
ラッキーなことにイスカが数匹近寄って来ました。 背中の写真ですが時折特徴的な嘴を見せてくれました。


DSC_0990 (2)
イスカの雄


DSC_1146 (2)
カラマツのマツボックリを食べています。


DSC_1125.jpg
イスカの雌


DSC_1011 (2)
イスカの雄


DSC_1234 (2)
イスカの雄


DSC_1309.jpg
オオマシコの雄
みんなでイスカを追い続けている間に オオマシコは平気で直ぐ近くまで来ていました 忘れていたわけではないけど失礼しました。

DSC_1351 (2)
オオマシコの雄
今日の散歩の距離は少な目ですがカミさんも私もとても良い散歩になりました。
DSC_1358.jpg
スポンサーサイト
  1. 2018/02/21(水) 14:37:25|
  2. 山野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

河口にて

2018年2月7日
1ヶ月ぶりの河口に来ています。
今日もまた友人のNKMさんさんが6時15分に迎えに来てくれました (何時もありがとうございます。)
朝日が河口を照らす前からカワセミは来ています 時間が過ぎ河口に日が差して来た時
カワセミが氷にダイブしたのです。

DSC_9620.jpg
滑ってしまいズッコケてしまいました。



DSC_9621.jpg
何が起きたか分かっていないようでした。



DSC_9827 (2)
今日は珍しくカワセミのダイブを撮ることが出来私自身がマグレだと思うほど驚いています。


DSC_9828.jpg

DSC_9829 (2)

DSC_9830 (2)

DSC_9831.jpg

DSC_9832A.jpg

DSC_9833.jpg



またもや奇跡が… ・・・
DSC_9931.jpg
ナゼ???
アラ不思議ダイブが撮れているのです。

DSC_9932.jpg

DSC_9933 (2)

DSC_9934.jpg

DSC_9935 (2)

DSC_9936.jpg

DSC_9937.jpg

DSC_9938.jpg

DSC_9939.jpg

DSC_9940.jpg

DSC_9941.jpg

DSC_9944.jpg

DSC_9945.jpg

DSC_9946.jpg
しかも枝止まりまで 今日は好い日だ~~~ 













  1. 2018/02/07(水) 19:24:07|
  2. 山野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カメラかついでチョットそこまで

2018年1月30日

NKMさんにコミミズクの撮影ポイントに連れて行ってもらいました。
我が家から車で1時間程で 2時には現地到着  すでに20人程がカメラを構えて雑談の様子
広い場所で何処からコミミズクが現れるのかな??? 
取り合えず人の多い場所へ移動してカメラのセッティングをします。


DSC_8438.jpg
飛んで来たのはモズでした ダァ~レもシャッターを切るようす無し・・・



DSC_8712.jpg
3時少し前にコミミズクが現れカメラマンも右往左往 シャッター音連射が響きます。
時々枝に止まりポーズを決めてくれますがバックの背景が問題です でも頑張ってシャッターを切り続けます。



DSC_8720.jpg
敏感な耳と鋭い目で止まり木から獲物を探しているようです 枝から飛び降りました 獲物を見つけたようです。 


DSC_8721.jpg

DSC_8722.jpg

DSC_8724.jpg
猟に失敗したようです 飛び出した枝に戻って来ました。



DSC_8916.jpg
茂みの中に飛び降りた時には獲物を捕獲しているのだろうか・・・
飛び立っては小枝で一休みの繰り返しです でもコミミズクの眼は休むことなく鋭い眼光で見渡しています。



DSC_9187.jpg
ファインダーで追い続けていると別のコミミが飛び込んできました 争いがはじまったようでしたが 直ぐに別れてしまいました。


DSC_9188.jpg
こんな格好になるんですね 驚きです。



DSC_8920.jpg

DSC_8924.jpg

DSC_9282.jpg

DSC_9283.jpg

DSC_9284.jpg

DSC_9285.jpg

DSC_9321.jpg
どうやらこの枝が好きなようで よくこの枝に休みに来ます。



DSC_9286.jpg


DSC_9321.jpg



DSC_9324 (2)
あぁ~ 何か見つけたようです。


DSC_9325.jpg

DSC_9326.jpg

DSC_9327.jpg

DSC_8732.jpg
またもや猟は失敗のようで草むらに着地


DSC_9475.jpg
夕陽を浴びたコミミもいいですね~ そろそろ帰り支度を始めねば・・・


DSC_9481.jpg
綺麗な夕日が沈んで行きます。


DSC_9485.jpg
コミミの撮影は2回目ですがお気に入りの写真が何枚か撮れたようです。



  1. 2018/01/31(水) 17:08:50|
  2. 山野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

遠征

2017年12月5日
今日のメンバーは3名 少し遠くに遠征のため AM2時半に家を出る
他の2名を迎えに行き 東北自動車道を北へ・・・  高速を下りコンビニで朝昼の食事を調達して
現地到着5時半 辺りはまだ暗く懐中電灯を照らしながら様子を覗うと 以前来た時と全く違う河原になっていた
川岸のほとんどにキャタピラーの跡 幸い4駆で来たので何とかなりましたが
お目当てのヤマセミはいてくれるのだろうか・・・ 心配になります 
更に不幸なことに川霧が立ち込め 最悪の状況です 気を取り直し カメラをセットして川霧の晴れるのを待ちます。

DSC_5711.jpg
朝霧が立ち込めた河原


DSC_5730.jpg
幸運にも川霧が薄らぎはじめた時 ANDさんから声がかかりヤマセミの通過を知らせてくれ
慌ててシャッターを切り続け撮れた写真です。 


DSC_5738.jpg

DSC_5739.jpg

DSC_5740.jpg

DSC_5748.jpg

DSC_5764.jpg
2回目のヤマセミの出番でしたが 再び濃い霧に覆われヤマセミは霧の中にぼんやり見えていました。
8時過ぎには工事がはじまりそうです ダムのメンテナンスの為来年の3月20日まで工事が続き
現在の川の流れを変えての工事だそうで
ヤマセミはどうなるのだろう???


場所替え 先日来た利根川に来ました。
DSC_5802.jpg
ハイイロチュウヒの♀


DSC_5804.jpg


鳥の出が思わしくなくマタマタ場所替えです。 ガバ沼に来ました。
DSC_5811.jpg
白鳥の飛来地ですが今年はまだのようです。
葦とスズメ


DSC_5814.jpg



DSC_5818.jpg
オナガガモの飛行 ♂と♀


DSC_5823.jpg


DSC_5840.jpg
待っていたオオタカの飛来


DSC_5865.jpg
遠くの木に止まり獲物を待っているようですが 日没が近く我々も時間切れ 心を残し帰って来ました。








  1. 2017/12/09(土) 20:03:43|
  2. 山野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

リベンジ

2017年11月13日
先週に続き今週も利根大堰に来ました。
少し場所を変え利根大堰に近い所に陣取ることにして 準備をしていた上空をミサゴが通過して行き
少しして帰って来たミサゴの足には大きな獲物を抱え込んでいましたが あまりにも遠く写真になりません。


RIMG0002.jpg
我々が着いた時には まだカメラマンは少なく 撮影ポイントが違うのかな・・・ ミサゴはココで獲物を撮るのかと 
一抹の不安はありましたが ココで待つことにしました。



DSC_4907 (2)
川を覗いてみると時々サケが上流へ通過して行くのが見えたいました。



DSC_4845.jpg
暫くしてミサゴが上空を旋回して 獲物を物色の様子 近く飛び込んでくれと願いつつシャッターを切り続けました。



DSC_4807 (2)

DSC_4803 (2)

DSC_4610.jpg
物色中のミサゴの手が開き獲物の 捕獲態勢に入ったようです。



DSC_4613.jpg
獲物捕獲に飛び込むミサゴの写真を狙っていたのですが緊張してシャッターが切れず
辛うじて飛び込んだミサゴの羽が写るのみでした。



DSC_4632.jpg



DSC_4649.jpg
足に獲物を捕らえています 狩りは成功だったようでしたが・・・



DSC_4650.jpg
獲物が大きすぎたためか大きく羽ばたくのですが 獲物はナカナカ上がって来ません



DSC_4728.jpg
一旦沈没 再度挑戦するようです。



DSC_4713.jpg
頑張って羽ばたくも 飛び上がれません。



DSC_4653 (2)
残念沈没



DSC_4682 (2)
満身の力をふりしぼり 羽ばたきます。



DSC_4710.jpg
今度は飛ぶことが出来るのか・・・



DSC_4749.jpg
力尽きたようです 獲物は川の中へ 残念な結果になってしまいました。




DSC_4754.jpg
獲物に心を残し飛び立ちました 何度も何度も飛び立とうとしたのですがヤハリ獲物が大きすぎたようです。




DSC_4753 (2)

DSC_4751 (3)

DSC_4757.jpg

その後何度か飛来したのですが 撮影チャンスは無く PM2時迄ネバって帰って来ました
ミサゴが捕らえた獲物はニゴイだそうです。
  1. 2017/11/21(火) 22:44:35|
  2. 山野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

多々良沼

2017年11月13日

仲間3人と遠征です。
早朝 5時に家を出てNKMさんMKDさんを拾い出発 今日の予定地は利根大堰&多々良沼です
どちらから行こうか迷いましたが 多々良沼を先に 利根大堰を帰りに寄ることに決定・・・
多々良沼のカメラポイントが分からず一周してしまい結局初めに行ったところに車を止め
8分程歩いた写真の場所にカメラをセットして目的のミサゴを待ちます。

RIMG.jpg


DSC_3878.jpg
オオバン
多々良沼は水鳥が多く退屈することはなさそうです。


DSC_3915.jpg
オナガガモの 右♂ 左♀


DSC_4178 (2)
ダイサギ


DSC_4078 (2)
着陸したダイサギ


DSC_4309 (3)
アオサギ


DSC_4346 (2)
アオサギの着地


DSC_4318 (2)
ツルシギ


DSC_4291.jpg
朝食中の セグロカモメ


DSC_4003.jpg
ハマシギ


DSC_4174 (2)
左から ウズラシギ ・ ハマシギ ・ ムナグロの幼鳥 ・ ハマシギ(後ろ向き)


DSC_4092 (2)
獲物を捕らえた カワウ


DSC_4224.jpg
11時に 待ちに待ったミサゴが現れました。

DSC_4216.jpg

DSC_4217 (2)

DSC_4207.jpg

DSC_4248.jpg
悠々と飛び回り対岸で獲物をゲット 


DSC_4156 (2)
手前の岸辺ではカルガモの飛翔

12時近くまで粘ったが その後ミサゴの姿は見ることが出来ず・・・・・
帰りは予定通り利根大堰に寄り道してミサゴポイントを探し 暫く待ったが
今日は朝からミサゴは現れなかったようです
次回に期待して帰って来ました。







  1. 2017/11/14(火) 17:16:36|
  2. 山野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

奥武藏の山へ

2017年10月30日

季節外れの台風が過ぎ去った朝  予想通りの快晴ですが風が強めでした
大荒れの翌日にはクマタカの出が良いのではと NKMさんと奥武蔵の山にヤッテ来ました
何しろ2人ともこのフイールドは初めてで 先ずは場所の選択からです・・・

遠くの山々は紅葉がはじまっていました。
DSC_3508.jpg


取り合えずカメラをセットして間もなくカケスが現れました。
カケスの飛翔
DSC_3467.jpg

DSC_3468 (2)

DSC_3469 (2)

DSC_3481.jpg

DSC_3482 (2)

DSC_3483 (2)


対岸に回りクマタカを待ち続け 諦め帰り支度をして車に乗り込んだ直後 NKMさんがバックミラーに写った
クマタカを見つけ 慌ただしく車を降り 急いでカメラをセットし直し撮ることが出来ましたが
山の頂き近くを飛んでいるために遠すぎて私のレンズでは解像してくれないのが残念です。
クマタカの飛翔
DSC_3582.jpg

DSC_3601.jpg

DSC_3615.jpg

結局12時近くまでネバリ帰って来ました 意外と近くにクマタカのポイントがあり
又 機会を見て来てみたいと思っています。
  1. 2017/11/01(水) 21:49:10|
  2. 山野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

待ち続けて

2017年10月18日
10月に入ってからの午前中はノゴマの飛来を待ち狭山湖に出かけていました
昨年は10月10日の1日のみで渡って行き 私はタマタマ出会うことが出来ました
今年もと思い 通い続けていたのですが10日を過ぎてもノゴマの姿を見ることが出来ません
12日からは雨降りが続き 気になってはいましたが雨の狭山湖に行く気になれずにいました
そんな時タマタマ覗いた方のグログにノゴマが14日に入ったとの情報を見たのですが
相変わらずの雨天続き  晴れるのを待ちヤット18日にカメラを担いで出かけた見ました。

RIMG0003.jpg
朝6時半の狭山湖


RIMG0004.jpg
すでに50人近い人たちがカメラを構えていました。


RIMG0009.jpg
前方の人込みはノゴマの移動と共に動くカメラマン達です。


DSC_2654.jpg
待っていると私の目の前に来てポーズをとってくれました。


DSC_2686 (2)
その後も何度か アジサイやシモツケソウそれにサツキなどの枝に乗ってくれました。


DSC_2698.jpg

DSC_2742.jpg



DSC_2748.jpg
そろそろ帰ろうかと思っていたところにホオアカか・・・・・・ 家に帰りPCで見るとホオジロのメスでした。


RIMG0011.jpg
10時半堰堤の下から眺めたカメラマン 大変な人数になっています。
贅沢ですが天気が良すぎて難しく いったん帰り 午後順光になるのを待ちいったん帰ります。


DSC_2765 (2)
PM2時半に再び来てみましたがノゴマは姿を見せてくれずPM4時にカメラをザックにしまい
歩き始めて直ぐノゴマが現れ 慌ててカメラを取り出し手持ちで撮影しました。


DSC_2787.jpg
天気予報では明日から曇天模様で ノゴマ騒動記も今日で終わりかも・・・
ちなみに今日のノゴマ目的に集まった人は200にん程だったそうな・・・
  1. 2017/10/20(金) 23:17:23|
  2. 山野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

狭山湖

2017年10月1日
最近カミさんと毎朝1時間少々4K程の散歩に出て最後に狭山湖堰堤を歩いています。
渡り鳥の季節になり鳥撮りの人数が増えて来ました 朝の散歩で鳥撮りの様子を見て家に帰り食事を済ませ
気が向けばカメラを持って狭山湖へ向かいます 今日は天気も良くカメラマンもソコソコいます
でもほとんどの人はノゴマを待ちわびています。

DSCN8286.jpg
狭山湖堰堤に向かう遊歩道


DSCN8289.jpg
私は堰堤との中間点でカメラをセットして野鳥の出を待ちます。



DSC_1268.jpg
アメリカセンダングサの中にを ノビタキが飛んできました。


DSC_1270.jpg

DSC_1269.jpg

DSC_1271.jpg

DSC_1277.jpg
上手く見通しの良い所に止まってくれました ほとんどのノビタキはススキの枝穂に止まるのですが・・・




DSC_1316.jpg
ノビタキ
今度は更に良い所に止まってくれたのですが 欲を言えがセイタカアワダチソウが咲いていれば更に良かったのに
でも可愛く撮れました。


DSC_1333.jpg

DSC_1380.jpg
今度は定番のススキに止まって ハイ ポーズ

DSC_1433.jpg
ノビタキ



DSC_1494 (2)
セッカ
ノビタキと同じアメリカセンダングサの中の飛翔



DSC_1495.jpg

DSC_1497.jpg

DSC_1498.jpg

DSC_1516.jpg

DSC_1519.jpg

DSC_1582.jpg

DSC_1587.jpg
セッカ
何処かへ飛び去って行っちゃいました。


DSC_1720.jpg
ミサゴ
気が付くと頭の上をミサゴが飛んでいきました。

ノゴマが飛来するまで狭山湖に通うとしよう。
今日会った人は2時間かけて来たそうで 私は歩いて15分・・・





  1. 2017/10/01(日) 22:25:38|
  2. 山野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鷹柱

2017年9月26日
鷹柱の話は聞いてはいるが どんなものか見てみたいと思っていました 
NHKの番組で見たのはサシバが伊良湖崎に集結して海を渡って行く様子でした。


さて 今日のメンバーは3名 何時もはNKMさんが迎えにに来てくれていたのですが 今回は私がNKMさんを
迎えに行きMKTさんを拾い外環自動車道から中央自動車道に乗り継ぎ松本インターで長野道を下り 鷹柱で有名な白樺峠に
向かいました 駐車場から20分程山道を登りきると 斜面が広がり谷間に向かって階段状の観覧席がありました
すでに何人もの人たちが双眼鏡やカメラで役者の出を待ちわびていました 午前中はチラホラと飛んで来ては通り過ぎて行きました 常連さんに聞くと午後の方が出が良いようです。


IMG_1459.jpg
写真追加 駐車場から登りこの山の最高点に出て振り返ると乗鞍岳の最高点3,026mの雄大な姿がの望めます。



DSC_0123.jpg
サシバ



DSC_0251.jpg
サシバ




DSC_0152 (2)
サシバ




DSC_9645 (3)
ハチクマ



飛び方も飛ぶ方向も違う鳥が右から左へと通過して行くのを慌てて撮りました
ホシガラスです 解像も悪くノイズも多い写真になってしまいました。
DSC_0312.jpg
ホシガラス




DSC_0313.jpg
ホシガラス



午後になって谷の奥から湧いて来るように群れが通過して行くようになりましたが いずれの群れも
待っている我々の場所から遠く 写真はイマイチです。
DSC_0323.jpg
DSC_0327.jpg
鷹柱



DSC_0186.jpg
サシバ


DSC_9668.jpg
ハチクマ


DSC_9832.jpg
ハチクマ


DSC_9845.jpg
ノスリ

3時までネバリ帰つて来ました 今日出演した鷲、鷹は900羽だそうです。



  1. 2017/09/28(木) 20:42:24|
  2. 山野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

河口にて

2017年9月8日
カワセミの写真はあまり良い写真が撮れなく しかもカワセミもあまり姿を見せてくれないのが続いていました。

それに懲りず 5時にNKMさんに迎えに来たもらい何時もの河口に来ました。
徐々に仲間も集まりカワセミの出を待ちます。


DSC_8261 (2)
イソシギ
最初に出た カワセミを撮りそこない 私が撮れたのは動きの少ないイソシギでした。



DSC_8447.jpg
カワセミ
珍しくダイブが撮れたのですが 相変わらずピンアマです。



DSC_8448.jpg



DSC_8449.jpg



DSC_8450 (2)



DSC_8451.jpg



DSC_8452 (2)



DSC_8454.jpg



DSC_8455 (2)



DSC_8459 (2)



DSC_8551.jpg
キジ
上流の草むらから飛んで来たのですが飛行にはシャッターが間に合いません
対岸の草むらに消えて行きました。



DSC_8558.jpg
カワセミ
離水に2コマ程間に合いませんでしたが こんなものでしょう。



DSC_8559.jpg



DSC_8560.jpg



DSC_8561.jpg



DSC_8562.jpg



DSC_8563.jpg



DSC_8564.jpg



DSC_8565.jpg



DSC_8566.jpg
今日のカワセミは何度も出た来てくれ 写真の成果はともかく 楽しい鳥撮りになりました。


  1. 2017/09/10(日) 10:10:21|
  2. 山野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

湘南の海岸へ

2017年8月29日
かねてから行きたいと思っていた 大磯に仲間4人と行って来ました。
青空をバックに アオバトの写真を撮りたくていたのですが 今年の夏は天気が安定せず
ナカナカ良い天気と私の都合がメンバーと会わずにいたのですが 
今日の午前中いっぱいが良さそうだとのことで AM4時に家を出て仲間を拾い大磯に向かいました
海岸に着くとすでに何人もの人達がカメラを構えていました
我々も早速仲間に入れてもらい撮影開始・・・

DSC_8053.jpg
準備して間もなくアオバトが飛来 岩礁に弾けた波を飲みに来ているようです。



DSC_7821 (2)
時々大きな荒波が打ち寄せて 逃げ惑うアオバト達



DSC_7922.jpg
アオバトの男達




DSC_7813.jpgDSC_7798.jpg




DSC_7682 (2)
急に アオバトの群れがあわただしく逃げ惑う  ハヤブサの襲撃です幸い被害は無いようでした。 




DSC_7610.jpg




DSC_7751 (2)
潮が満ちて来てカメラの前に近付き 更に首や背中が日焼けで熱く 10時半過ぎに撤退してきました。



  1. 2017/09/02(土) 22:33:39|
  2. 山野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

ケイ

Author:ケイ
アンディとクマガイソウ
アイリッシュセターのアンディを看取り
アンディの思い出をそのままに
趣味の山野草と野鳥と冬季はテレマークスキーを
サボりながらアップします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

過去ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する