FC2ブログ

風にふかれて(K)

山野草と野鳥のブログ

友と出掛けた5日間 (5)

友と出掛けた5日間 (1)



2019年5月10日
いよいよ今日が最終日になりました。 心配していたフェリーも3日ぶりに運航するそうです。
忘れていた船酔い対策は島の診療所で酔い止めを頂き 不安はあるものの強い見方を得た感じ
今日も朝食前の散歩がてらの鳥撮り NTT電波塔からシラス遺跡を抜け海岸に出て民宿(つき)に帰るコース
朝食をすませ 帰りの準備を済ませて 島最後の鳥撮りに出かけます。

DSC_0897.jpg
キアシシギ


DSC_0905.jpg
朝食後向ったNTT電波塔付近に人だかり カラスバトが松の枝に止まっているのを数台のカメラが追っています。
遠いところにいるため私のカメラでは解像しないかも  枝に飛び移るカラスバト

DSC_0926 (2)
カラスバト


DSC_0971.jpg
野鳥観察舎で小鳥の出待ち エゾムシクイ


DSC_0982.jpg
エゾムシクイ


DSC_1004.jpg
キビタキ♂


DSC_1008.jpg
シメ



DSC_9316.jpg
アオジ


DSC_1016.jpg
シロハラホオジロ


DSC_1102.jpg
コサメビタキ



DSC_9961.jpg
コムクドリ




DSC_1174.jpg
ウミネコ


DSC_1241.jpg
昼飯を食べに(つき)に戻る途中輪島行きフェリーを確認 間違いなくフェリーは出港するようだ。


昼食後少しの時間 未練がましく一回り  (つき)に戻ると すでに皆さんは港に向かったようです
我々も時間は十分あるのですがフェリー乗り場に向かいました。
酔い止めを飲み船の甲板に陣取り水平線を見つづけ1時間30分 輪島港に無事到着しました。
この分なら来年も行きたいと思えるようになりました。
IMG_4553~photo
お世話になった民宿(つき) 
鳥撮りには素晴らしい 舳倉島は何度も来たい島になりました。



スポンサーサイト
  1. 2019/06/08(土) 15:09:04|
  2. 山野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

友と出掛けた5日間 (4)

2019年5月9日
明日10日は帰りの予定日 我々が島に上陸してから波が高く船は欠航続き明日の便は・・・
船酔いが心配 数日なら欠航しても構わないのだが 真剣に酔い止めの薬を何とかしなければいけない。
宿の女将さんに聞いても私達は酔わないからね~の一言

今日は野鳥観察舎からスタートして三叉路 NTT電波塔あたりをウロウロする予定

DSC_0212.jpg
コルリ


DSC_0295.jpg
シロハラホオジロ


DSC_0423.jpg
オオルリ


DSC_0445.jpg
キマユホオジロ


DSC_0470.jpg
シベリアアオジ


DSC_9972 (2)
コホウアカ


DSC_0512.jpg
エゾムシクイ



DSC_0555.jpg
カシラダカ


DSC_0608.jpg
ノゴマ♀


DSC_0674.jpg
ノゴマ♂


DSC_9879.jpg
タイワンハクセキレイ


DSC_9890.jpg
ウグイス


DSC_9944_201906080953442e6.jpg
キアシシギ


IMG_4545~photo
観音堂

IMG_4547~photo-full
龍神池



友と出掛けた5日間 (5)へ




  1. 2019/06/08(土) 09:36:56|
  2. 山野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

友と出掛けた5日間 (3)

2019年5月8日

舳倉島2日目 島に慣れてきたので 3人別々に出かける事に・・・
宿を出て もう一つの民宿(つかさ)に向かい (つかさ)の前の野原で鳥待ち その後北海岸の恵比寿神社に向かう予定

DSC_9307.jpg
つかさの野原に向かう途中道路に現れた ビンズイ


DSC_9236 (2)
カワラヒワ


IMG_4552~photo-full
恵比寿神社のある岬   暫く西海岸を目指して海岸沿いの道を歩き龍神池を過ぎたところで仲間のNKさんと出会う 
小さな島なので当たり前の事なんだが・・・



DSC_9346.jpg
野鳥観察舎で休憩して鳥待ち  キビタキ♂  MKさんも合流


DSC_9366.jpg
水場の上の小枝に エゾムシクイ


DSC_9411.jpg
シロハラホオジロ


DSC_9638.jpg
コルリ


DSC_9664.jpg
メジロ


DSC_9749.jpg
キマユホオジ


DSC_9758.jpg
サンショウクイ


今日の最後はつかさの前の野原に戻って
DSC_9783 (2)
シメの争い
DSC_9784 (2)



DSC_9842.jpg
左 カワラヒワ 右 オオカワラヒワ

宿の風呂が大混雑 早く帰った順に 白板に名前を書き順番を申告しておく 遅くなると大変なことになる・・・



友と出掛けた5日間 (4)へ



  1. 2019/06/07(金) 11:15:11|
  2. 山野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

友と出掛けた5日間 (2)

2019年5月7日

朝の早い おじさん達は食事前の散歩に出かけます。
IMG_4542~photo

IMG_4543~photo
先ずは海辺へ向かい朝日を眺め舳倉島行きフェリー乗り場の確認。


IMG_4544~photo
帰りは朝市を見に寄り道 しかし早すぎたためマダお店は準備中でした。



map[1]
舳倉島は周囲5キロ 能登半島から北へ50k 人口110人(現在は少しすくない)46世帯と小さな島です。
9時出発で今日の午後帰りの便は欠航になるため舳倉島に着いたフェリーは直ぐ折り返すそうです。
本来は舳倉島でフェリーは停泊して15時に出航の予定ですがその便は波が高く欠航になるそうで朝の便は客を降ろしたら直ぐ引き返すそうです。
何とかフェリーに乗り込んだのですが 船酔いでリバースの連続に帰るのが嫌になるくらいでした。
船酔いを甘くみていた私 反省・・・
その後我々の帰る5月10日まで欠航が続き 舳倉島から出る人、はいる人はいなく10日まで同じメンバーで過ごしました。

DSC01495.jpg
心身共に疲れ果て舳倉島到着 宿が用意したリヤカーが数台置いた有りみんなで手分けして荷物をリヤカーに積み込み
民宿 [つき ]に向かいます。 
私は1時間程横になりグッタリ・・・

DSC01498.jpg
やっと元気を取り戻し島の散策に出かけます。
鳥撮り初心者の私は 舳倉島も1年生 何度も通っている方達が多いようです。 
さて どんな鳥達に会えるのか楽しみです。


DSC01497.jpg
明神池周辺


DSC_8767.jpg
民宿 [つかさ] 前のポイントで ビンズイ


DSC_8851.jpg
シメ


DSC_8855.jpg
アトリ


DSC_8871.jpg
コサメビタキ


DSC_8977 (2)
野鳥観察舎(水場) シロハラホオジロ


DSC_9050.jpg
ノゴマ


DSC_9090.jpg
水浴びに来た ウグイス

DSC_9152 (2)
コルリ


DSC_9202.jpg
コマドリ 島の一日目終了


友と出掛けた5日間 (3)へ



  1. 2019/06/06(木) 21:13:17|
  2. 山野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

友と出掛けた5日間 (1)

友と出掛けた5日間(2)2019年5月6日
ゴールデンウイークの長い休日を避け どうせ暇なおじさん達3名は6日の早朝 舳倉島目指して所沢を出発しました。
今日の目的は戸隠自然園で撮影後 能登輪島の温泉民宿(海辺)に宿泊 翌日7日に輪島港発9時の船に乗り
舳倉島に渡ります。

7時半水芭蕉最盛期の戸隠自然園到着 冬のネイチャースキーに来たことはあるけど
早春の戸隠はまったく冬とは違う装いで迎えてくれました。
早速カメラの準備をし鳥撮りに出かけます。

DSC01481.jpg

DSC01480.jpg
みどり池


DSC_8458.jpg
森の中で出会った コガラ 後ろ姿のみ


DSC_8479.jpg
コゲラ


DSC_8522.jpg
カラマツの高い枝に止まる カケス


DSC01484.jpg
水芭蕉と手前が キクザキイチゲ


DSC_8538.jpg
アカハラ


DSC_8565_201906061508100e2.jpg
キビタキ♂


DSC_8578.jpg
2羽のキビタキ♂


DSC01482.jpg
水芭蕉と雑木林越に戸隠山が見えます。


DSC_8639.jpg
木々の間をせわしく飛び回る ゴジュウカラ


DSC_8663.jpg
清楚な姿の サンショウクイ


DSC_8673.jpg
サンショウクイ


DSC_8679 (2)
小川の中を飛び回る ミソザザイ


DSC01491.jpg
リュウキンカと水芭蕉のコラボ
オオアカゲラの出待ちをしていたのですが雲行きが怪しくなり撮影中止 今日の宿輪島に向かいます。


IMG_4541~photo

夕食ギリギリにやっと温泉民宿 (海辺) に到着 温泉で疲れを癒して美味しい食事をいただき 明日に備え早めの就寝



友と出掛けた5日間 (2)へ



  1. 2019/06/06(木) 15:09:52|
  2. 山野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

越後の山(2)六万騎山

2019年4月12日
坂戸山から魚野の川沿いに車で15分程のところにある六万騎山へ移動
六万騎山は全山がカタクリに覆われた山で登山口から直登が続きますが カタクリの花の中を登る快適な山です。



他山口からカタクリの大群落が続きます
P4122869.jpg
カタクリ

オオミスミソウの花は色とりどりで可憐な花を見せてくれます。
P4122872.jpg
オオミスミソウ

P4122876.jpg
オオミスミソウ

オオミスミソウとカタクリに交じって咲くコシノコバイモ
P4122875.jpg
コシノコバイモ


P4122883.jpg
カタクリの群落


P4122884.jpg
カタクリ


P4122891.jpg
カタクリ


P4122893.jpg
色も姿も綺麗なカタクリ



P4122900.jpg
下山途中で会ったヤブツバキ???


高度を下げて行くと咲いていたのがトクワカソウ
P4122911.jpg
トクワカソウ

P4122912.jpg
トクワカソウ


P4122917.jpg
トクワカソウ


P4122921.jpg
オオミスミソウ

オオミスミソウと頂上付近は満開は何日か先になりそうです。

PM2時お腹ペコペコ 何度か行ったことのある魚沼の里へ直行・・・
お腹が満足したところで五十沢温泉(イカザワ)で汗を流し無事帰宅

越後の山(1)坂戸山



  1. 2019/04/13(土) 11:49:18|
  2. 山と花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

越後の山(1)坂戸山

2019年4月12日
数日まえから六万騎山のカタクリの開花を気にしていたのですが 天候不順で予定が立たずにいたところ
更に追い打ちをかける雪が降り 益々開花時期が分からなくなり 土日を外すと今日の金曜日で来週では遅すぎると思い
今日を選び カミさんと2人で出かけました 朝は薄曇りでしたが沼田からは谷川岳に日が差し関越トンネルを抜けると
晴れ間が見えて来ました  六日町で高速を下り坂戸山へ・・・
駐車場はまだ雪の山で 数台分のスペースがが除雪して有り駐車出来ました。

登りはじめて直ぐ屋敷跡周辺のカタクリ群落の開花にはマダ時間がかかりそうです。
P4122826.jpg
雪解けとともに咲くショウジョウバカマ


日の当たる所ではキクザキイチゲが顔を出し始めています。
P4122836.jpg
キクザキイチゲの蕾


P4122842.jpg
キクザキイチゲ(白花)の蕾


P4122852.jpg
キクザキイチゲ


P4122860.jpg
キクザキイチゲ


P4122857.jpg
キクザキイチゲ(白花)


カタクリもちらほら
P4122861.jpg
カタクリ


P4122863.jpg
ショウジョウバカマ


杉の木の林床に群落を作り咲いているはずですが今年は遅れているようです。
P4122865.jpg
ミヤマエンゴサク

坂戸山は早めに切り上げ 今日の目的地六万騎山に向かいます。

越後の山(2)六万騎山




  1. 2019/04/13(土) 11:39:24|
  2. 山と花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

セツブンソウに会いに行く

2019年3月25日
今年も春の気配と共にセツブンソウの季節やって来ました  
つい先日までスキーモードでいた私は花モードに切り替えられずにいたのですが 春めいて来ると体がムズムズして来ました
小鹿野のセツブンソウの群落はメジャーで観光バスが来るほどの大群落ですが平地の為花期は早く
とっくに最盛期は過ぎていますが 私の行く山は3月中旬頃に見頃を迎えいるはずです。
自生地は群落にはなっていませんが 知る人ぞ知る自生地で点々と3ヶ所ありますが最近は訪れるハイカーもなく
登山道は荒れ放題です。

歩き始めて直ぐハナネコノメが斜面にへばり付いて咲いています。
P3252795.jpg
ハナネコノメ


P3252800.jpg
ハナネコノメ


スミレの種類は多く名前が分かりません
P3252792.jpg
スミレ


川沿いに歩いて行くと こんな滝が各所に見られます。
P3252763.jpg



P3252765.jpg



この花は猛毒植物食べると幻覚症状をおこし走り回るそうでハシリドコロと名前をもらってそうです
P3252770.jpg
ハシリドコロ


この先は登山道が崩れ沢に落ち込んでしまい通行できません 沢筋に下りるところを探し沢の岩場を登って行きます
危険な岩場の連続で沢の水に濡れないように岩を這い上がりましたが あちらこちらから沢が合流してくるためルートが読めず 
2年前から使い始めた ジオグラフィカアプリ(登山用GPSアプリ)を使い迷うことなく目的地にたどり着く事が出来ました。

セツブンソウは日当たりの良い場所はすでに散っていましたが数輪咲き残っていました。
P3252778.jpg
セツブンソウ


P3252779.jpg
セツブンソウ


P3252782.jpg
セツブンソウ

セツブンソウを探してキョロキョロしているとアズマイチゲの蕾が見つかりました。
P3252787.jpg
アズマイチゲ

誰にも会うことなく静かな山旅をして駐車場に戻って来ました。
P3252802.jpg


  1. 2019/03/25(月) 17:23:33|
  2. 山と花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

久しぶりの鳥撮り

2019年2月14日
久しぶりの鳥撮りに出かけて来ました。
目的地の駐車場に11時に到着 カメラをセットして担いで行くことに・・・
(昨年途中でカケスに出会いカメラをセットしている間に行ってしまい撮りそこねてしまい反省)
カメラポイントには15人程の人達が小鳥の出待ちをしていましたがオオマシコはマダ現れていないようです。
しかし ヤマガラ シジュウカラ アトリは次から次えと飽きることなく出てくれ楽しませてくれました。

ヤマガラ
DSC_7974.jpg

DSC_8024.jpg

DSC_8157.jpg



オオマシコ♂ やっとお出ましです。
DSC_7976.jpg

DSC_7988.jpg

DSC_8221.jpg



オオマシコ♀
DSC_8065.jpg

DSC_8080.jpg

DSC_8090.jpg



アトリ
DSC_8013.jpg

DSC_8022.jpg

DSC_8193.jpg
  1. 2019/02/15(金) 11:56:25|
  2. 山野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヒガンバナ

2018年9月26日

久しぶりにカメラ担いでヒガンバナを見に出かけて来ました。
P9192642.jpg
AM10時近くに日高市の巾着田に着いたのですが 平日なのにすでに駐車場に入る車が数珠つなぎ
満開を迎えたヒガンバナ 花も凄いが人でもスゴイ 300円を払い入場


P9192655.jpg

P9192675.jpg
巾着田を一周して 秩父の寺坂棚田へ行って見ることに


P9192696.jpg
寺坂棚田は初めてでしたが小さいけど駐車場もあり 人も少なく感じの良い所です。


P9192706.jpg
農作業をしている人もいて、とても心地よく写真が撮れました。



P9192713.jpg

P9192721.jpg
1時間程で切り上げ あらかじリサーチしておいたお店で昼飯タイム 
帰りは芦ヶ久保の道の駅でシャクシ菜の漬物を土産に 帰つて来ました。
  1. 2018/09/20(木) 11:58:47|
  2. 山と花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏の思い出 聖岳

2018年8月12日~13日
昨年のヒマラヤと 今年のスイストレッキングのガイドをしてくれた 浅原さんがお盆休みに
聖平小屋に1週間ほど来ているとの事 前から登ってみたい山だったので出かける事にしました。
72歳と高齢のため長女が同行してくれることになり早速準備をはじめる。

001_20180830133831bcc.jpg
前日の12日23時に我が家を出て 圏央道から第2東名の新静岡IC下り真っ暗な道を北に進む事2時間半(新静岡ICから)
3時半過ぎに目的地の白樺荘に到着です 登山バスは予約してある
白樺荘発6時40分まで仮眠をとる。  聖岳登山口着8時 準備をして登りはじめる 
いきなり出会小屋跡までの急登がはじまる。


002_201808301342120e2.jpg
オクモミジハグマ


003_20180830134214020.jpg
聖沢吊橋
こんな恐ろしい吊橋がごく普通にある 吊橋を渡ると今日の一番厳しい登りです 造林小屋跡まで1時間10分と急登が続きます
この急登で体力を使い果たしヘロヘロなのに 突然の雷雨が襲い掛かり登山道は川へと変身
ヤットの事で聖平小屋に着いたのが3時 心配して浅原さんが玄関で出迎えてくれました。
13日の長い登山は無事終了

14日晴れ
004_20180830134216fe9.jpg
いよいよ待望の聖岳へ登ります 森林限界まではこんなお花畑の中を登ります。 


005_201808301342176a5.jpg
タカネマツムシソウ


006_20180830134218421.jpg
薊畑から見えるはずの光岳 雲海に包まれて見えません。

007_20180830134246d44.jpg
森林限界を過ぎ小聖岳から望む富士山 


008_20180830134248191.jpg
ヤット小聖岳に到着 後ろに見えるのが聖岳 更に1時間20分の急登が待っています。


009_201808301342502bc.jpg
トウヤクリンドウ


010_20180830134251ecc.jpg
たどり着いた聖岳山頂です。
長い休憩をとっている間に雲が湧きだし 天気が崩れはじめるきざしです。


011_20180830134252cdc.jpg
同行してくれた長女


012_20180830134324324.jpg
クモマユキノシタ
ポツポツと降り出した来ました 小聖まで我慢して歩いて来ましたが ここでレインスーツを着て
カメラもザックにしまいお花畑も未練を残しながら通過して 聖平小屋まで帰りつきました


15日 晴れ
013_20180830134326774.jpg
小屋前からの朝焼け 良い天気になりそうです。


014_201808301343280f9.jpg
浅原さんに見送られて下山  すでに天場はテントの数が減っていました。

015_20180830140628a73.jpg
聖沢沿いに咲くトリカブト


016_2018083013433118e.jpg
造林小屋跡からの長い下りを終え 吊り橋を渡る長女 
私はすでにヘロヘロ状態ですが 14時のバスに乗るため マダ頑張らないと・・・
追い打ちするように今日も雨に降られての下山です。


017_20180830134408303.jpg
行きには見つからなかった フジアザミ


018_20180830134409f7e.jpg
下山の登山道脇には沢山のキノコが見つかります。


019_20180830140629f47.jpg
出会小屋跡から最後の下り 何とか1時間前にバス亭に戻る事が出来ました
白樺荘の温泉につかり3日間の汗を流し 無事我が家に戻って来ました。
はじめての南アルプス南部の山登りは 山小屋の間隔が長く私にはとてもキツイ山でした。
同行してくれた長女にも感謝。



  1. 2018/08/30(木) 13:46:33|
  2. 山と花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スイスアルプスの旅 (7)

2018年7月2日~3日   8日目~9日目

今日がいよいよ最後の日になりました。 チューリッヒ~バンコク~羽田~自宅


DSC00990.jpg
起き抜けの朝の景色 


A01141.jpg
何日かテーブルを飾ってくれたお花達ともお別れです。

A01142(1).jpg

A01142(2).jpg

A01142(3).jpg

A01142.jpg
知らぬ間にまとわり付いていた雲もとれ朝日がアイガーを照らし出しています。



A01144.jpg
見るミル何時もの晴れ渡った青空に三山が浮かびあがりました。



A01147.jpg
アイガー北壁にへばり付いた雲


A00123.jpg
ミューレンの朝です


A00121_201808121708190ab.jpg
6日間お世話になったシャレーシグリス 名残惜しい一言 また来たいと思いつつ・・・


A01149.jpg
シャレーの目の前を通る電車 前に荷物用のパレット付いています このパレットはロープウェイに乗り換えても
そのままロープウェイの降り口まで運んでくれて大助かりです。



A01154.jpg
ミューレン駅までシグリスさんが軽トラで荷物を運んでくれ最後の挨拶をして別れましたが 電車がシャレーを
通過する時シグリスさんがシャレーの前で大きく手を振っているのが見え嬉しかった~


A01148.jpg
車窓からユングフラウの最後の写真を撮りまくる。

A01158.jpg

A01164.jpg


DSC00995.jpg
登山電車と 国際特急を乗り継いで、チューリッヒ国際空港へ、少し時間があるのでお土産を買い出しにCOOPをウロウロ
チューリッヒ国際空港 発13:30分 バンコク着7/3日5:30分 (約9時間半) ここから各々の空港へ分かれて帰ります。
関空行き8:25  名古屋行き10:45 羽田行き13:00 我々羽田行きは7時間近くバンコク国際空港内で待機
羽田行きは30分遅れで13:30分離陸 結局羽田に着いたのが10時少し前 所沢行きシャトルバスに乗り
12時近くに無事自宅到着 行き帰りの飛行機が一番疲れたかも・・・



  1. 2018/08/12(日) 17:16:16|
  2. 山と花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
次のページ

プロフィール

ケイ

Author:ケイ
アンディとクマガイソウ
アイリッシュセターのアンディを看取り
アンディの思い出をそのままに
趣味の山野草と野鳥と冬季はテレマークスキーを
サボりながらアップします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

過去ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する